bits lounge
トロントの各界で活躍する著名人にインタビュー

ホームへ > インタビュートップへ > Raymond Moriyama/レイモンド・森山
BACK NEXT
Raymond Moriyama
レイモンド・森山
建築家
今回は、シャープなデザインの中にも温かいぬくもりと遊び心がちりばめられた、心和むスペースを作りつづける建築家レイモンド・森山氏にお話を伺った。

普段、何気なく使用している学校や図書館、博物館やサイエンスセンター。今度訪れた時は、いつもと目線を変えてその建物を観察して欲しい。
周りを見回わしてみよう。ドア1枚、壁1枚がそこに存在する理由があるはずだ。そして、天井を見上げてみよう。ライトの並び方ひとつでさえ、その空間に醸し出す雰囲気に馴染むように計算されているはずだ。
そんな、使いやすさと耐久性、そして美しさを兼ね備えた建築物をデザイン・建設し続け、世界的に高く評価されている日系カナダ人、レイモンド・森山氏をトロント市内のオフィスに訪ねた。

ヤング×ブロアから程近い森山氏の事務所『Moriyama & Teshima Architects』。森の木陰にある休息所のような外観を呈している。入り口を入ってすぐ、錦鯉池で自由に泳ぎ回る鯉を見ながら待つことしばし。現れた森山氏は、世界的に名を知られた建築家とは思えないほど気さくで、人懐っこい笑顔を浮かべた紳士だった。 ブロア沿いのBata靴の博物館、ヤング×ブロアのトロント・リファレンス図書館、オタワの戦争博物館など、数々のトロント、オンタリオを代表する建築物を手がけてきた森山氏は1929年、日本人の両親のもと、バンクーバーで生まれた。 「4才の時に、酷いやけどをしてね…」 森山氏は、人生に大きな影響を与えた子供時代を回顧する。 「死ぬところだった。幸い命は取り留めたけれど、8ヶ月も施設で寝たきりになってしまったんだ。だから、父親がかわいそうに思ったんだろうね、起き上がって窓から外を見られるようにしてくれた。窓からは、道をはさんで建築現場が見えたんだ。今だったらたいした大きさじゃなかったんだろうと思うけど、子供だったから全てのものが大きく見えた。大きな工事だなって夢中で見てたら、作業をしてる人の中に、葉巻をくわえたハンサムな男性が現れたんだ。そしたら、みんなが彼に集まってきてね…、私は父親に『みんな、あの人のこと好きなんだね。誰かな?』って言ったんだ。父親は『彼は建築家さんだよ』って教えてくれた。私は即座に『じゃあ、大きくなったら建築家になりたい』って(笑)宣言したんだ」

それから25年後、『Moriyama & Teshima Architects』を設立し、4歳の頃に持った夢を実現させた森山氏。
しかし、その道は平坦ではなかった。「医者の腕が悪かったんだろうね、私の症状は凄く悪くなった。だから、私は妹とともに、日本の祖父のもとへ療養のために送られたんだ。彼は炭鉱会社の役員だったが心は詩人でね、俳句をよんだり、庭に人を集めて映画を見て、詩を作ったりした。彼はいろいろなことを教えてくれた。無理するなとか、猿も木から落ちる、とかね。どれだけ偉くなっても奢るなってことも彼から教わった」

やっとやけどが直り、カナダにいる両親のもとに戻ってきた森山少年を待ち受けていたのは戦争だった。
「第二次世界大戦がはじまり、日本人である私の父親は逮捕され、家族から引き離された。私たち家族も抑留された。44年、やっと家族はハミルトンで合流したけれど、ハミルトンに行った日本人家族は、私たちが初めてだった。だから、日本人に対する偏見は、それは凄いものだったよ。それに私には、昔のやけどの跡があるからね」そんな過酷な環境の中で、学校に戻った森山氏は当時14歳。周囲の目を気にする少年に1つの転機が訪れた。 「先生が、私をグレード7(中学一年生)に入れようとしたんだ。もう学期が終わりのほうだったから、グレード8を終わらせて、そのまま9に進むのは難しいだろうからってね。でも、もし落第したらもう一度やり直すから、グレード8に入れてくれって言ってみたんだ。グレード7からやるのも、8を2回繰り返すのも同じだって言ったんだ。そうしたら、先生はわかったといってね、グレード8に入れてくれた。そして、落第しないように励ましてくれたから問題なく進級できた。その先生は、私に野球チームに入ることも薦めた。運の良いことに、ちょうど大きな試合でラッキー・キャッチをしてね、チームが優勝したんだ。それまでは遠巻きにみていたカナダ人生徒たちだったが、それから私を見る目が変わったね。この先生のお蔭で今があるようなものだよ」

では、森山氏が夢を叶えることが出来た一番の理由はなんだろうか。
「人との出会いもあるけど、持続性、粘りだよ。建築家になるって夢をあきらめたことは無い」
そして、森山氏はくすりと笑って付け加えた。「実は昨年の12月、妻のさちと知り合って74年目を祝うパーティを開いたんだ。私が彼女にはじめて会ったのは私が8つの時、彼女は2歳半だった。私は母親に言ったんだ。『僕はさちと結婚するよ』ってね。父親は『そんなことわからないよ。気持ちも変わるかもしれないから』って言ったんだけど、変わらなかったよ」


〈インタビュー/西尾 裕美〉


 

バンクーバー生まれ。トロント大学で建築学学士号を、マギル大学で建築学(都市計画)修士号を取得。
1958年に設計事務所を設立。以来、精力的に公共建設物を中心とする建設に携わる。92年Confederation of Canada Medalを、そして97年the Royal Architectural Institute of Canada Gold Medalを授章。また03年には平成15年度秋の叙勲、外国人叙勲で旭日小綬賞授章。
Proposed New Science Bldg.
U of T Scarborough
トロント大学スカボロー校への国際的な評価をより高めるのに貢献することが期待されている新しい学部、物理学、環境科学および生命科学の校舎の建設を、大学はMoriyama & Teshima Architects に託した。16のラボのほか、オフィス、ショールーム、大講義室と会議室がある。施設の将来的な利用も見据えて、建築デザインには多くの柔軟性が取り入れられている。2008年完成予定。
Ryerson University, Toronto
トロント中心部、新しく変わりつつあるヤング/ダンダス地区で話題のライアーソン大学新校舎。エンジニアリング学部の信念を表す様に革新的でありながら、実用的で独特な建物。Church St.側の外観は、様々な度合いの透明度や反射角度をつけたガラス張りのパネルをが特徴で、校舎内での学生の姿と活動が通りにまで溢れる。
Canadian Embassy, Tokyo, Japan
青山通りにあるカナダ大使館。
Saudi Arabian National Museum Riyadh, Saudi Arabia
サウジ・アラビアの統一を記念して1999年に建設された博物館。

E-mail: webinfo@bitslounge.com | Copyright (C) Bits Box. All Rights Reserved.