bits lounge
トロントの各界で活躍する著名人にインタビュー

ホームへ > インタビュートップへ > Sachicafe/サチカフェ
BACK NEXT

Sachicafe
サチカフェ
イラストレーター

毎日がすこし
愛しくなるように…
『発掘』された若手イラストレーター

大阪に数あるFM放送局中で、関西一番人気を誇るラジオ局が『FM802』。日々のオンエアはもちろん、各種コンサート、ライブ、演劇などを主催したり、協賛・後援として精力的に参加し、大阪のカルチャーシーンを引っ張るラジオ局だ。そして、この局が行っているプロジェクトの一つに、アートプロジェクト『digmeout』がある。和訳すると『私を発掘して』というこのプロジェクト、今回は『digmeout』でまさしく『発掘』されたイラストレーター・サチカフェ(sachicafe)こと、平野幸子さんにお話を伺った。

若さが弾けるような、勢いのある平野さん(以下、サチカフェ)のイラストは、見ているだけで楽しい気分にさせてくれる。
「イラストの勉強をしたことはないんですよ。もし習っていたら(自らのイラストを指差して)手とか、こんな風になりませんよ(笑)。
小さいころから絵を描くのは好きでしたが、家族も特別アートに造詣が深いわけではありません。大学も文学部英文学科ですから、アートとはあまり関係ないですよ。普通の会社勤めをしつつ趣味でイラストを描いていました」

勤務していた会社はイベント関係の広告会社。しかし、デザイナーではなく、経理を担当していたという。
「社内発行物のデザインはいろいろさせてもらってたんですけど、外に出るものはあまり作ったことはありませんでした。でも、会社ではMAC(マッキントッシュ・コンピュータ)を使っていて、経理の仕事をしながら少しずつ機能を覚えることができたことが、今のイラストレーターとしての仕事に役立ってますね」

好きで描いていただけだったイラスト。しかし、02年に友人と『ikurako(イクラコ)』というユニットを組み、デザインフェスタ(注)、展示などの活動を開始し、その趣味が徐々に本格的になっていった。
「アートをやっている人たちが集まって情報を交換するフリーリンクサイトに登録していて、そこで、大阪のラジオ局がやっている『digmeout』というプロジェクトを知りました。一昨年、早速応募してみたんですが、その時はダメ。でも、昨年応募したら受かったんです。倍率はかなり高いと思うのでラッキーです(笑)」
このコンテスト入選がきっかけで、日産自動車ウイングロードの広告媒体のイラストを手がけることとなる。
ポスター、チラシ、ノベルティのうちわなどに印刷されたサチカフェのイラストはカラフルで明るく、イベントを大いに盛り上げた。

「ウイングロードのイラストは比較的自由に描かせてくれました。3枚ぐらいサンプルを持っていった中から、『じゃあ、これで…』という感じで選んでもらったんです。イラストレーターとしてのキャリアは浅いし、指定されて描けるほど技術もないので、自由に描かせてくれてよかった(笑)。
イラストを描く時は、構図を考えるのに時間がかかるんですが、描き始めたらすごく早いんですよ。2時間くらいとかで描き上げます。色鉛筆で描いてから、アクリルで色をつけています。夜、ビールを飲みながら楽しく描いていることが多いですね。たまに、出来上がったものをパソコンに入れて、ちょっといじったりして楽しんで仕事をしています」

現在は、DJ Dub Dub Sunshineとしてコンスタントにイベントに登場しているご主人とともにトロント住まいをしている彼女。
「2人でワーキングホリデービザを取ってきました。29歳だし、(海外に出るなら)今じゃなくちゃ出来ないと思って、思い切って会社を辞めました。休憩ですね。のんびりしながら英語を勉強して…。日本では体験できないことをやろうと思って、トロント国際映画祭のボランティアをやったり、毎週末クイーン・ストリート・ウエスト等のクラブやバーへ行ったりして、カナダの生活を楽しんでいます。ケンジントンでアルバイトをはじめると思うので、遊びに来てくださいよ」

飾らないその奔放さは、彼女のイラストそのもの。『digmeout』で入賞し、イラストレーターとして初めてインタビューに答えた『スタジオ・ボイス』誌にこう語っている。「あたたかい、けれどそれだけじゃない、毎日がすこーし、いとしくなるような、ステキと思えるような」作品を制作し続けていきたい…。日本では大手からのレコードジャケットのイラストやイベントで使用するポスターの依頼などが、これからどんどん舞い込んでくるだろう、注目の若手イラストレーターだが、驕りは少しも感じられない。真っさらなキャンバスのような彼女に、マルチカルチュアルシティ・トロントでの暮らしが今後どのように影響するのだろう。
彼女がキャリアへの足がかりを掴んだ『digmeout』のテーマは、『ヤングアート、大阪から世界へ』。文字通り、世界の舞台で活躍するだろう若い才能は、カナダからたくさんの可能性を見つめている。

(注)デザインフェスタ…プロ、アマ、年齢を問わず、世界各国からクリエイター達が参加して展示販売をおこなう祭典。東京にて、年2回定期的に開催されている。
サイト/www.designfesta.com





〈インタビュー/西尾 裕美〉

さちかふぇ
2004年末から個人にてイラストレーターとしての活動を始める。大阪のラジオ局FM802のアートプロジェクト「digmeout」に所属、FM802サマーキャンペーン『ROCK THE SUMMER'06』のポスター・販売促進グッズやNISSAN『ウイングロード』のポスターのイラストを制作。また、『TOKATSU International Film Festival 2006(東葛国際映画祭)』のキャラクター『ムビムビ団』を手がける。友人とともにユニット『ikurako(イクラコ)』を結成している。www.ikurako.com
Sachicafeのイラスト

E-mail: webinfo@bitslounge.com | Copyright (C) Bits Box. All Rights Reserved.