bits lounge
トロント最大飲食検索、グルメなお店ガイド

ホーム > グルメトップ > 北海道スタイル『王様ラーメン』
BACK NEXT
GOURMET グルメ
フード一覧 レストラン一覧    
店舗イメージ
KENZO
6180 Yonge St.
Tel: 416-229-4526
営業 11:00〜22:30
休み なし
地図
地下鉄フィンチ駅から97番か 53番バスで北に3分、Moore Park Ave.手前で下車
オーナーのダニエルさんとジェーンさん。お客さんの8割が日本人なので、日本語も勉強してみたいそうだ。

The Ra-men King of Kings
トロントご当地ラーメンは
北海道スタイル『王様ラーメン』
日本ではラーメン特集をした雑誌は格段に売り上げがアップするというくらい、幅広い層に支持されているラーメン。うどん、そばに続く第三のジャパニーズヌードルがついにカナダに上陸した。
王様ラーメン($8.95)>
ヤング×フィンチ界隈は、クリスティ駅周辺に続く第二のコリアンタウンとして日々規模を拡大している。おいしい韓国料理を食べられるレストランは当然数多く存在するが、その中で日本風ラーメン専門店として、韓国人はもちろん日本人からも熱い視線を集めているのが、オープンして半年の『KENZO』だ。

オリジナリティを大切に
オーナーのダニエルさんとジェーンさんは正真正銘のコリアン。そしてお店のロケーションはヤング×フィンチ。「どうして韓国レストランではなくて、あえてラーメン、しかも日本風という謳い文句なのか?」という、誰もが最初に抱く疑問をぶつけてみた。その答えは「自分たちだけのオンリーワン・レストランをやりたかった」と非常にシンプルだ。

実は韓国でラーメンといえば、辛ラーメンを始めとするインスタントラーメンが主流。北海道に住むジェーンさんの親戚からインスタントとは趣を全く異にする日本のラーメンの話を聞き、中華料理の麺類とも韓国のインスタントラーメンとも違う、北海道ラーメンをベースにしたトロント唯一のラーメン専門店をオープンするに至ったのである。オンリーワン・レストランにかける熱い意気込みは、中国語でオリジナルという意味の店名『KENZO』からもうかがい知ることができる(ちなみに北海道にも同名のラーメン店があり、このお店とは姉妹店なのだそうだ)。随所に見えるこだわり

最初に口にしたのが、この店イチ押しの『王様ラーメン』。王様の名前にふさわしく、チャーシューや玉子など5種類の具が器から溢れんばかりに載っている、見るからに食べ応え十分のラーメンだ。毎朝オープン前に仕込んでいる麺に、味だけでなく鮮度にもこだわって作ったさっぱり味のスープが絡み、豪華な具と絶妙のハーモニーを奏でている。ところでこの『王様ラーメン』、ちょっぴり辛い。実は、寒い寒いトロントの冬でも、心も体もすぐにほかほか温まるように唐辛子を効かせているそうだ。

次に選んだ『キスめん』は、細切りにした鶏肉を玉子でとじた具が載っているラーメン。中華料理のかに玉のような、ぷるぷるとろとろの玉子をスープと混ぜて食べると、ピリ辛スープと玉子の甘みが舌から胃全体に染み渡り、何だか元気が湧いてくる一品だ。
ビールや日本酒を飲みつつ、おでんや焼き鳥などの豊富なサイドメニューをつまんで、最後はラーメンでシメるもよし、リーズナブルでメニュー充実のランチを狙うもよし。様々なオリジナルラーメンの中からあなたのお気に入りを見つけてみて。

文/東野 有紀
キスめん(鶏絲麺)
($7.95)
こちらは中華料理にヒントを得たという、とろみの効いた豪華ラーメン。 『KENZO』ではこの他にもシンプルなしょうゆ、塩、味噌の各種ラーメンが食べられる。
どこを見回してもジャパニーズ・テイスト!日本らしさを演出するためにインテリアには気を遣っているそう。
▲PAGE TOP