bits lounge
トロント最大飲食検索、グルメなお店ガイド

ホーム > グルメトップ > オイスター
BACK NEXT
GOURMET グルメ
フード一覧 レストラン一覧    
店舗写真
OYSTER BOY
872 Queen St. W.
Tel: 416-534-3432
www.oysterboy.ca
 
月〜水 17:22〜22:00
木〜土 17:00〜23:00
 
地図
▲Queen St. W.のストリートカーで Trinity Bellwoods Park 下車。
オーナー写真
オーナーのアダムさん。オイスターの知識が豊富なだけでなく、オイスターの殻あけ選手権でカナダ2位のタイトルを持つ。まさにオイスターのプロフェッショナル。

Oyster Whaletown Gem
美食家の本能を刺激する味
『オイスター』
オイスター=牡蠣ほど、人によって「好き」「嫌い」がはっきりと分かれる食材が、他にあるだろうか? そして牡蠣大嫌い派の強烈な批判にもめげないオイスターの魅力とは?
<Oyster/Whaletown gem(1/2 doz. $14)
「オイスターの魅力? オイスターを食べるってとてもセクシーなことだと思わないか? 生きものをつかまえて、殻をこじ開けて、生で食べる。これってすごく人間の本能に近いんだ」
てっきりオイスターの味だとか、その成分だとか、そんな答えを期待して「オイスターの魅力」を問いかけた私に、予想外の答えを返してくれたのは、オイスターがメインのシーフードレストランを経営するアダムさん。その名もズバリ「オイスターボーイ」。アダムさんが選りすぐった新鮮なオイスターをいただきましょう!

美食家の味
もともとはオイスターの卸売りをしていたアダムさんが、このレストランをオープンしたのは3年前。オーナーとしての「オイスターの魅力」は「オイスターを食べるお客さんには、ハイソな美食家が多いこと」とのこと。(ということは、オイスター好きのあなた、あなたはハイソな美食家です!)
アダムさんはシーズンに合わせてベストな牡蠣を厳選し、店においている。この日は5種類のチョイスの中から、お薦めのWhaletown gemをいただくことにした。この牡蠣はBC州のWhaletownで取れたもの。良い牡蠣には新鮮な水と塩水が大事なので、海と山に恵まれたBC州は牡蠣の養殖に適しているとか。アダムさんは毎年養殖場を訪れ、必ず水をチェックするという。水でその年の牡蠣の出来がわかるのだそうだ。
Whaletown gemは小ぶりだが、その中に旨み成分がギューッッと詰まっている感じ。口の中にオイスター独特の食感と味わいが広がる。ちなみに「海のミルク」とも呼ばれる牡蠣は栄養価が高く、@お肌によい A肝臓によい Bコレステロールを下げる C貧血防止 D老化防止 E神経系のトラブル(視力回復・精神安定)解消に効果的。

オトナの味
せっかく新鮮なオイスターが食べられるこんな店では、是非とも生で味わいたいと思いつつも、やはりカキフライも捨てがたい。カキフライのおいしさというのは、生牡蠣のおいしさとはまた違う。そういえば、私も子どもの頃は牡蠣が嫌いだったのに、いつからおいしいと思うようになったのだろう。牡蠣って大人になってからわかる「オトナの味」なのかしら?
日本では冬が旬の牡蠣だけれど、ここカナダでは、5月くらいにプリンス・エドワード島の牡蠣のシーズンがはじまったところ。大人でハイソで美食家の皆さん、存分にオイスターを味わい、こう言いましょう「オイスターって本当においしいわ。これが解らない人って、なんてかわいそうなの!」

文/三好あづさ

Seafood platter ($17.95)
オイスターだけでなく、新鮮なシーフード料理はお手のもの。 旬のシーフードを使って、毎日ベストな食材を盛り合わせてくれる。この日は、スモークサーモンとポテトのサラダ、クラブサラダ、エビコロッケ、マッシュルームライスにカレー味のエビ。シーフード好きにはたまりません!
Deep fried oysters ($8.95)
こじんまりと落ち着いた雰囲気の店内。壁には海や船の写真などが飾られ、マリン気分を盛り上げる。
▲PAGE TOP