bits lounge
トロント最大飲食検索、グルメなお店ガイド

ホーム > グルメトップ > 韓国風しゃぶしゃぶ
BACK NEXT
GOURMET グルメ
フード一覧 レストラン一覧    
店舗写真
HANWOORI
5505 Yonge St.
Tel. 416-226-1922
(営)
月〜金 11:00〜23:00
 土  11:00〜24:00
 日  12:00〜23:00

フィンチ駅から南へ約3分
店の裏手に駐車場も完備
「ハッピネス」が信念の
オーナーのマイケルさん

Shabu & Noodle
厳しい寒さが続く冬のトロント
今宵は温かい鍋を囲んで過ごす
韓国風しゃぶしゃぶ
トロントの極寒をどう乗り越えるか? そんな問題をアッサリ解決してくれる韓国鍋料理の店を発見!
鍋を囲んで温まりながら友達と会話に花を咲かせよう。
Shabu & Noodle(1人前 $14.99 オーダーは2人前から)
メイン画像
フィンチ×ヤングで多く見かける韓国料理店の中に、鍋料理と焼き肉を主に扱うレストラン、HANWOORIがある。しゃぶしゃぶから魚介類の鍋まで、たくさんある鍋料理の中から今回はオーナーのお勧めで「シャブ&ヌードル」をいただくことにする。

バラ色の牛肉が眩し!
待つことしばし、テーブルにキムチなどの小皿類がパッパッパと並べられる。そしてしゃぶしゃぶ用の野菜、キノコ、豆腐、春雨が山となった大皿。続いて、『締め』には欠かせない自家製麺。まだまだ、タレ皿、取り皿、と目まぐるしい。そして最後に運ばれて来たのが、バラ色の牛肉だ。薄〜く切られた肉がテーブル上で鮮やかに輝く。「お、美味しそう!」と思わずもらすと、オーナーのマイケルさんが「少しコストがかかっても、お客さんに喜んでもらうために良質のものだけを提供しています。だから扱っている牛肉はAAA(牛肉の品質表示。AAAが最高品質)ですよ」ときっぱり。「お客さんに喜んでもらえれると私も嬉しいんですよ」と、気取らず、気張らず自然体だ。美味しい料理はこういう人から提供されてこそなのだ。
さて、気になる肉の味だが、期待を裏切らず見た目通り。「しゃぶっ」と湯に通した肉をタレに浸けて食すと、柔らか〜い触感とともに牛独特の豊満な味がジワリと口に広がる。マイケルさんが「幸せを提供して、自分も幸せになる」と言うだけあって、これぞまさに『幸せ』の味だ。

韓国風「しゃぶしゃぶ」とは
日本では高級料理という感がある「しゃぶしゃぶ」だが、韓国では健康料理として人気。健康に良い緑野菜や癌を防ぐ効果のあるキノコ類を多く食べられることや、焼き肉等に比べると脂肪の摂取量が比較的少ないのがその理由だとか。
基本的な料理法は日本のものと殆ど変わらない韓国風「しゃぶしゃぶ」だが、大きな違いはそのタレにある。ここでは、ゴマダレならぬ、ピーナッツダレを使用しているのだ。ピーナッツは胡麻のように強いクセがないため、まろやかで優しい味に仕上がっている。もう一種類のタレは日本なら『ポン酢』とくるが、韓国風では真っ赤な辛味噌入り。しかし、辛味はそれほど強くなく、どちらかと言えば甘辛だ。それがアッサリした肉の味ととてもよく合う。
日本のしゃぶしゃぶが、ちょっとしたアレンジで韓国風に変わる。そんな新しい味を体験する為に、そして冷えた身体を温める為に、今宵は韓国風しゃぶしゃぶを楽しみませんか?

文/岸 黄葉
Rose Phunchae(Medium $17.99)
牛肉のたたきを皿が透けて見えるほど薄くスライスしたもの。これで真ん中の野菜をタップリくるみ、専用のタレを付けて食べる。薄い肉からタレがしみ込み、中の野菜に上手く絡む。爽やかでアッサリしているので前菜としてピッタリ。
Ju Muluk Gi (1人前 $18.99)
サッと焼いた肉を、先ずはごま油タレか焼き肉タレにくぐらす(ここがポイント)。それをレタスにのせ、お好みで味噌やネギサラダ(これが美味しい!)と一緒に巻いて食べる。生野菜がタップリ摂取できるので健康的!
日本の定食屋を思い出させる店内。オーナー同様、気取らず、気張らず。そんな温かさが伝わってくる店だ。
▲PAGE TOP