bits lounge
トロント最大飲食検索、グルメなお店ガイド

ホーム > グルメトップ > 鼎泰豊 ディン・タイ・フォン
BACK NEXT
GOURMET グルメ
フード一覧 レストラン一覧    
Tibet Kitchen
鼎泰豊
(ディン・タイ・フォン)


First Markham Place
3235 Hwy. 7E., #18B
Markham
Tel: 905-943-9880
月〜金 11:00〜23:00
土・日 10:30〜23:00
map
▲404よりHWY7を東へ車で5分。ファースト・マーカム・プレイス内
owner
▲「お金がないのでクリスマスも新年も年中オープン」と笑う働き者のファンさん。

鼎泰豊 ディン・タイ・フォン
薄い皮に包まれた究極のスープとジューシーな具を頬張る
世界中のグルメが認める幻の小籠包
日本でもお馴染み、台湾発有名中華レストランの味はカナダでも健在。今年のクリスマスには、冷えた身体を温めるアツアツの点心をみんなで囲もう。
小籠包 Steamed Minced Pork Buns($5.00)
Shae Mo Tak-wa
テーブルに運ばれてきた蒸篭を開けると、つやつやと光り輝く6つの宝石が湯気の中からその姿をあらわす。
はやる気持ちを抑えて箸でそっと一つをつまみ上げると、弾力のある薄い皮の中に入った黄金色の肉汁が透けて見える。同席した中国人を見習って、肉汁を1滴たりとも逃がさないようにレンゲを添えていただく。具に使われたミンチポークのうまみが、コクのある肉汁と共に口の中にじゅわ〜っと溢れ…あぁ、幸せ。

美味しさの秘密
至福の時にまどろみながら、つい最近まで横浜中華街の料理人だった私の父親をの言葉を思い出す。「小籠包は豚肉を皮で包んで蒸すだけの単純な料理だが、美味しくつくるのは非常に難しい一品なんだ」。では、ニューヨーク・タイムズ紙に『世界10大レストラン』の1つとして取り上げられた『鼎泰豊』が看板とする小籠包の美味しさの秘密は何だろう? そんな質問にマネージャーのファンさんはこう答えてくれた。
「皮は薄く、新鮮な具をたっぷり入れることが美味しい小籠包の原則です」
もちろん豚肉の甘味に香辛料の適度なピリリ感が絶妙なアンのレシピにも秘密があるのだろうと思えば、「秘密なんかないよ」と言う。現に台湾では『鼎泰豊の伝奇』という本が出版されており、その作り方が調味料の分量まで詳細に記されているという。
「レシピが同じでも、料理人の腕が良くなければこの小籠包は作れない。もちろん皮から全て手作りですよ。美味しさを追求するために小籠包を包む皮の折り目は18。それより少ないと、ふっくら感が損なわれてしまうんだ」
ファンさんの言葉に、早速その細かいヒダを数える。
「16、17、18…21?」
いつもより余分にヒダを取ってくれたらしい。折り目を数える姿を見た料理人は、ガラス越しに笑っている。そう、フロアから窓越しにその職人技を見ることが出来るのだ。そんな私の目の前で3人の料理人による点心作りが始まった。皮を伸ばす役、具を詰め込む役、そしてヒダをよせる役。速い。このスピードで、平日でも一日1000個以上はオーダーされるという大人気の小籠包は作られるのだ。

まさに点心天国、鼎泰豊
そうこうしているうちにいくつかの蒸篭がまた運ばれてくる。小ぶりでかわいらしいが、味は通常の大きさのものに勝るとも劣らないの一口サイズのミニ小籠包。可憐な花のようなえびシュウマイ。お馴染みの餃子。どれをとっても絶品、ここは点心天国だ。
近づくホリデーシーズン。いつもよりちょっと足を伸ばして家族や友達同士で回転テーブルをくるくる回し、ふわふわと湯気立つ点心の数々を心ゆくまで楽しみたい。

〈文/西尾裕美・写真/Yuuko〉

Phingsha + Ting Mo
蝦肉焼売
Steamed Shrimps and Meat Dumplings($5.25)
ピンクに色づいたぷりぷりのエビが食欲をそそる。皮が厚めなので、美味しいからといって沢山食べるとすぐお腹一杯になってしまう。他の点心を楽しむためにも、食べすぎには注意。
Tsey Tofu
芒果 酪 Mango Pudding($3.00)
とろっとしたマンゴーソースに脱帽。繊細な口あたりのデザート。
Tibet Kitchen
▲ランチ、ディナー時には行列が出来る。ゆっくりと味わいたいなら14時〜18時の訪問がお勧め。
▲PAGE TOP