bits lounge
トロント最大飲食検索、グルメなお店ガイド

ホーム > グルメトップ > Hernando's Hideaway
BACK BACK
GOURMET グルメ
フード一覧 レストラン一覧    
Hernando's Hideaway
Hernando's Hideaway
52A Wellington St. E.
Tel :416-366-6394

月〜木  11:30〜23:00
 金   11:30〜24:00
 土   12:00〜24:00
日(夏季) 17:00〜22:00
map
▲Wellington×Churchから西へ徒歩1分
owner
▲会話を通して「アットホームな雰囲気」を提供してくれるウェイターのトレバーさん。

大きな口でほおばろう

香ばしいトルティーヤに包まれた
メキシコからの人気者

Gorditas
通常サイズじゃ物足りないって人向けのビッグな
タコス。辛〜いチリソースをかければ病みつきに!!
Gorditas($13.88)
Gorditas
暑〜い。しかし、この真夏の日差しに負ける訳にはいかないと、栄養満点で食欲をそそるような辛いものを食べに出掛けた。
お目当てはセントローレンスマーケットから少しキング駅寄りにある「Hernando's Hideaway」。ここは、野菜を存分に使ったカリフォルニア料理とメキシカンを融合させた「CAL-EXICO料理」を、初めてトロントにもたらしたことで有名なお店だ。巨大なコロナのビール瓶や、店内を這うかのように飾られたトカゲの装飾品で彩られたこのレストランでは、エネルギッシュなメキシカンの雰囲気の中でタコスを楽しむことができる。

これこそがメキシコ料理なのだ
「単に食事を提供するのみでなく、来てくれたお客さんと会話を楽しむ事がモットー」というウエイターのトレバーさんとしばしの談話後、腹ペコのお腹を満たす為に通常のタコスより一回り大きいゴルディタスを注文した。
運ばれてきた皿にはボリューム満点のタコスが2つ。その横にはサラダ、ライス、甘さを抑えた豆料理のフリホレスが皿一杯に盛られ、2人でシェアしても満足できるほどの一品である。
さっそくタコスを手に取る。トウモロコシから作られるしなやかな薄焼きパンで、メキシコの食卓に欠かせないトルティーヤに飛び出さんばかりに包まれたたっぷりの具材。そこからふわっと立ち昇ったジューシーなビーフの香りに食欲を掻き立てられながら、極辛のメキシコ産唐辛子、ハラペニョを押し潰して作られたグリーンチリソースを落とす。トマトの赤、細かく刻まれた玉ねぎの白にチリの緑が加わるとメキシコの国旗を彩る3色となり、まさにタコスこそがメキシコ料理の代表だと象徴している。

ヒーヒーしちゃうこの辛さ
目で楽しんだ後は、いよいよ味わう。ビッグなタコスを、大きな口を開けてパクリ。シャキシャキした野菜の噛み応えを感じた直後に、一気に広がるコクのある肉汁の旨み。濃厚な味ながら脂っこさを感じさせない。間をおいて、チリソースが口内を刺激する。思わずヒーヒーさせられるこの辛さが病みつきになるのだ! ここからは、具材がはみ出ようが、チリソースがこぼれ落ちようが構わない。豪快にかぶりつくのみだ。
グリーンチリソースの他、トマトベースのピリ辛レッドチリソースも用意され、辛さの調節はお好み次第。また、ビーフ以外に、チキン、ベジタリアンの具材を選ぶこともできる。同じメニューでも、毎回一味違ったタコスを味わえるのが嬉しい。もちろんどの味を選んでも満腹間違いなしだ。
完食後の幸福感に満たされながら、今年の夏はチリソースをたっぷり入れた、辛くて栄養満点のゴルディタスで乗り切ろうと誓ったのだった。

〈文・写真/TAKE〉

Chili Con Carne
Chili Con Carne($8.81)▲
トマトベースの牛と豆の煮込み料理。コーンチップと共に食べるのがお薦めとの事。スナックにはもってこい!
shop_inside
▲広々としたシンプルな造りの中に、メキシコを思わせる絵画や装飾品が飾られた店内。
▲PAGE TOP