bits lounge
トロント最大飲食検索、グルメなお店ガイド

ホーム > グルメトップ > Tandoori Cornish Hen
BACK BACK
GOURMET グルメ
フード一覧 レストラン一覧    
Chakra Indian Restaurant
Chakra
Indian Restaurant
2497 Yonge St.
tel:416-487-7188
www.chakra.to
日〜木
11:30〜22:00
金・土
11:30〜23:00

map
▲地下鉄Eglinton駅から北へ徒歩10分

owner
▲インドのトップホテルで修業を積んだメインシェフのアンソニー

レシピは紀元前2000年!?
インドの伝統的なオーブン料理
Tandoori Cornish Hen
辛くて甘いスパイスワールドへ!
Tandoori Cornish Hen ($17.00)
Tandoori Cornish Hen

最近ミッドタウンエリアには、いい感じのレストランがどんどん増えているようだ。カジュアルだけど雰囲気の良さそうなレストランやカフェが目立つ。その中でも口コミで高い評価を得ているインディアン料理「Chakra」へ出かけてみた。
オープンして半年のまだ新しい店内は、広いフロアの真ん中にオープンキッチンがあり、モダンな雰囲気。オーナーのジョンソンの出身地インド南西部ケララ州は、その昔ペルシャの国々が香辛料を求めてやって来たスパイスの名産地。「北米流に味を変えるのではなく、沢山の種類のスパイスを混ぜ合わせ、辛いだけではない深みのある味を出す正統派のインド料理を紹介したい」と言う。

下ごしらえは2日以上!
充実のディナーメニューからオーダーしたのはタンドリーグリルの「Cornish Hen」、ヘンとは雌鶏(めんどり)のことで、北米に流通する普通のチキンよりもサイズは小ぶりだがジューシー。タンドリーはインド料理の定番なので知っている人も多いと思うが、語源のタンドールは円筒形の粘土製の釜(オーブン)の意。古代インダス文明の遺跡からもその釜が発見されたという長〜い歴史を持つ、ヨーグルトと香辛料に漬け込んだ肉やシーフードを高温で蒸し焼く料理だ。
まずは雌鶏をクミン、ジンジャー、ガーリック、ブラックペッパー、レッドチリ、クローブ、シナモン等々のスパイスとヨーグルト、レモンジュースなどのベースに漬け込むこと、最低でも46時間! 辛いだけでなく甘いスパイスも使うのが面白い。
オーダー後、下ごしらえの出来た雌鶏をまるごと一羽、高温のタンドールに入れ、シェフが手を使って少しずつ動かしながら全体に万遍なく火を通す。鶏肉の脂が表面に出て来て、ポタポタと落ちるまでじっくりと焼くのだ。タンドールは壺の様な形をしていて、肉が焼ける時の香ばしい匂いも閉じ込めて蒸し焼くため、独特のフレーバーになるのだそう。端は焦げる程にカリッとさせつつ、肉の柔らかさとジューシーさを失わないように仕上げるのがプロの技。

焼きたてアツアツをどうぞ!
皿に盛りつけられた鶏は、シェアして食べやすいように4つのピースに切り分けられている。タンドリーの特徴でもある赤い色は、スパイスにしっかり漬け込まれていた証拠。まずはそのままでひと口いただいて、スパイスの競演を楽しむ。次はミントやコリアンダーなどをスパイスと一緒に煮詰めたジャム状のソースをつけてみる。こちらは爽やかでスパイシーな味わい。さらにホームメイドヨーグルトとキュウリやクミンなどの香辛料などが入ったソース(別オーダー)も混ぜてみると、まろやかな甘さと辛さが複雑に絡み合って何とも言えない奥深いスパイスの世界へ…。他にもマンゴーやスパイシーなトマトベースのソースなどもあるので、サイドオーダーを組み合わせて辛さを調節しながら自分のお気に入りのフレーバーを見つけるのも良いだろう。カレー好きはもちろん、インド料理ファンの皆さんに自信を持ってお勧め出来るレストランだ。
〈文・写真/大村 絵理〉

Beef Short Rib Curry
Beef Short Rib Curry ($16.00)
高品質の証、AAAビーフのショートリブをスパイシーなカレーソースで。人気メニューのひとつ。
Chakra Prawns
Chakra Prawns ($14.00)
ガーリックや13種類のスパイスを使ったトマトベースの辛いソースと甘いマンゴーソースでプリプリのエビをいただく南インド料理。
shop
▲広い店内はビジネスランチやパーティーにも対応。地下にも貸し切り専用パーティールーム有。
▲PAGE TOP