bits lounge
bits誌面特集記事をウェブでも公開

ホーム > 特集トップ > HOTなチリで冬を乗り切ろう!(2009年1月23日記事)
前の記事へ 次の記事へ
FEATURE 特集
     
HOTなチリで冬を乗り切ろう!ーマイルドから激辛まで、体が温まるスパイシーなアジアンフード

トロントの長〜い冬…外の寒さに恐れをなしたかのように家の中で縮こまっているそこのあなた! こんな時こそ、美味しいものを食べて体の中から温まりたいと思いませんか?今回は冬を乗り切るためにお勧めの、スパイシーな唐辛子を使ったアジアの料理を紹介します!

チリ・ペッパー=唐辛子、驚きの効用とは?
日本で唐辛子と言うと、乾燥させた小さな赤唐辛子「鷹の爪」や、いつでも使えるように“マイ一味”を持ち歩くことで一時期ブームにもなった「一味唐辛子」など、ピリ辛系が主流。だがそれ以外にもアジアを始め、色んな地域の料理でチリ・ペッパーは使用されており、その辛さは品種によってマイルドから激辛まで様々だ。
唐辛子と言うと「青」と「赤」を思い浮かべるが、実はどちらも同じ唐辛子。最初は青かったものが、時間が経つにしたがって黄色→オレンジ→赤と、熟すごとに色を変えていくのだ。その唐辛子を生で使うか、乾燥させてドライ・チリとして使うかで辛さや味わいに大きな違いが出る。また、一般的には生の唐辛子は火を通すことで辛さが和らぎ、乾燥唐辛子は加熱することで辛さを増すと言われている。
唐辛子の辛みの元となるカプサイシンはダイエットに効くとか育毛に効果があるとか、多くの効用で注目を集める成分だ。唐辛子料理を食べると直ぐに体がほてり汗が出て来るのは、何と脂肪が燃焼しているからとのこと。う〜ん、恐るべき唐辛子の効用。この冬は唐辛子を食べて体を温めながら、あわよくばダイエット!? 奥の深〜い唐辛子ワールドでお気に入りのスパイス料理を見つけよう!


   HAN IL KWAN KOREAN RESTAURANT
 
HAN IL KWAN KOREAN RESTAURANT
 ▲サムネイルをクリックして写真をご覧ください。
 

韓国のオモニ(母)が作るスパイシー家庭料理で体の中からポカポカ!

年々拡大するノースヨークはトロント第2のコリアンタウン。クリスティ駅周辺とはまた違った雰囲気と食事が楽しめる。韓一館は伝統的な韓国の味を求めるお客さんに人気のレストラン。各テーブルにコンロが備え付けられ、靴を脱いで上がる個室もあるのでみんなで鍋を囲むのにぴったり。蟹、牡蠣、ムール貝、イカ、白身魚などシーフードがたっぷり入った鍋にはフレッシュ・グリーン・チリが2本入ってとってもスパイシー!サイドディッシュのキムチを始め、全てお母さん手作りの料理だ。気さくなオーナーのユン・ファミリーのスパイス料理で心温まるひと時を過ごそう。

【Information】
100 Steeles Ave. W., Unit 2B

▲Finch駅から#60 Steeles W. バスでYonge×Steelesの次 のバス停で降りる
[ Tel ] 905-709-3564
[ 営業時間 ] 毎日 11:30〜 23:30
   RAVI SOUPS
 
RAVI SOUPS
 ▲サムネイルをクリックして写真をご覧ください。
 

寒〜い季節にぴったり、
お腹に優しくてヘルシーなホット・スープ

大吹雪の中を取材に訪れた私を、「今日は素晴らしいスープ日和だね!」と笑顔で迎えてくれたオーナーのラヴィ。四つ星ホテルでスープ界のプリンスと呼ばれた彼がオープンした小さなスープ屋さんは、自分ではちょっと作れないようなグルメ・スープがいただける貴重なお店。無数にあるスパイスの中から様々な組み合わせで作り出されるスープたち。インド系カレー風味スパイスやタイのレッド・チリが効いているチキン・ホット・ポットは人気のメニューで、ココナッツミルクの甘みとスパイスが良く合う。オリジナルのスパイスやチャツネ、ペーストなども販売しているので、クラッカー&チーズに添えたり、ホームクッキングに取り入れてみるのも楽しい。

【Information】
322 Adelaide St. W.

▲Spadina Ave.×Adelaide St. W.から
徒歩7分
[ Tel ] 647-435-8365
[ 営業時間 ] 月〜金 7:00〜20:00
土 12:00〜18:00
※毎週金17:00〜18:00は
Happy Hour(半額)
   SPICE ROUTE
 
SPICE ROUTE
 ▲サムネイルをクリックして写真をご覧ください。
 

サウスイースト・アジアの様々なスパイス料理が楽しめるニュースポット

マルチカルチャー都市トロントでおしゃれなアジア料理が楽しめるレストランとして人気を集める「Spice Route」。ダウンタウンの便利なロケーションにあり、隠れ家めいたドアを開けると意外に大きな空間にびっくり。ブース席もたくさんあり、寛げる雰囲気だ。「大皿料理をシェアして食べるアジアの食文化を紹介したかった」というエグゼクティブ・シェフのウィン。モダンなアレンジのものから伝統的なものまで、バラエティー豊かなエントリーが楽しめるのが嬉しい。北米に定着しているアジア料理の定食屋的なイメージから抜け出し、モダンな雰囲気の中でアジアのスパイスを楽しむという新境地を開いた彼らのこれからが楽しみだ。

【Information】
499 King St. W.

▲Spadina Ave.×King St. W.から徒歩3分
[ Tel ] 416-849-1808
[ Web ] www.spiceroute.ca
[ 営業時間 ] 月〜水 11:30〜翌1:00
木〜金 11:30〜翌2:00
 土  17:00〜翌2:00
※日曜も近日中に営業スタート予定
   93HARBORD
 
93HARBORD
 ▲サムネイルをクリックして写真をご覧ください。
 

素材の良さを生かした
ミドルイースト・クイジーヌ

中東料理というと、ケバブなどの肉料理、そしてファラフェルなど野菜や豆をたっぷりと使ったベジタリアン料理が有名。しかし、実際の中東ではシーフード料理がポピュラーなのだという。オーナシェフのイサムが勧めてくれた「レインボー・トラウト(ニジマス)」は、身はしっかりとしているのに、とってもテンダー。ニジマスは脂身と旨味のバランスがスパイス料理にぴったりの魚だという。グリーン・チリ、ガーリック、そして砕いたクルミをブラック・セサミ・オイルで炒めたソースでいただく。最初は全然辛くないな〜とパクパク食べていたら、これが後から来る辛さ。ワインとの相性も良さそうな一品だ。

【Information】
93 Harbord St.

▲地下鉄Spadina駅から徒歩10分
[ Tel ] 416-922-5914
[ 営業時間 ] 日・火〜木 17:30〜22:00
金・土 17:30〜23:00
   AMAYA
 
AMAYA
 ▲サムネイルをクリックして写真をご覧ください。
 

辛いだけじゃない!
気軽に楽しめるモダンなインド料理が人気

トロントっ子も大好きなインド料理だが、バッフェで食べるカレーやタンドリーチキンとはひと味違った、おしゃれなインド料理が楽しめる店として人気の「Amaya」。ドアをくぐった瞬間、すぐに様々なスパイスの香りが食欲を刺激してくる。お勧めはタイガーシュリンプをドライ・チリと一緒に炒めたアペタイザー。エビは高品質で身が大きく、食感もプリプリ。ホームメイドのドライ・チリは、ピリッとした辛さはあるがフレッシュ・チリに比べたら辛さは控えめ。激辛が苦手な人でも楽しめるメニューが他にもあるのでお店の人に相談してみよう。また、テイクアウト専門の「Amaya Express」も拡大中。デリバリーもあるので家でゆっくり楽しみたい人は要チェック!

【Information】
1701 Bayview Ave.

▲Bayview Ave.×Eglinton Ave. E.から徒歩5分
[ Tel ] 416-322-3270
[ Web ] www.amayarestaurant.com
[ 営業時間 ] 毎日 17:00〜
Amaya Express
(テイクアウト/デリバリー)
[ Tel ] 416-322-0020
▲PAGE TOP