bits lounge
bitsブログ、トロント在住ライターのコラム集、トロントリアルライフ、体験談etc

ホーム > ブログトップ > 038「嗜好品所持志向」
SHOP ショップ
コラムバックナンバー 2003年特集記事 お問い合わせ

当コンテンツに関するお問い合わせはこちら
■お気軽にお問い合わせください。
コラムに関するご意見・ご感想をお待ちしております。
■随時、ライター募集中!
当コンテンツでは、ライターを目指している方のコラムを積極的に採用していきますので、ご応募お待ちしております。
■PRの場をご提供
ビジネスプロモーションの一貫としてのスペースも提供しています。

これまでに執筆したライターのご紹介!
'05年バックナンバー
'04年ブログ集
'03年コラム・特集記事



038「嗜好品所持志向」

photo嗜好品の一つである煙草。私がこの味を覚え常習するようになったのは、恥かしき哉、法律的に許可される年齢から現在の年齢に至るまでの期間よりも最低でも5年は長い。ヤンキー漫画がそれなりに流行っていた小・中学生の頃、高校男児たるもの制服が学ランであれば、煙草を吸わなければならないものなのだと、勝手に思い込んでいた。それは、制服がブレザーであればネクタイを締めなければならないという風紀的な規則に限りなく近い、偏った概念であった。然し、初めて私が煙草を口に咥え火を点けた時は、ニコチンの意味も知らず、中学の制服であるブレザーを着ていたように記憶する。

煙を肺に入れるのを戸惑い、友人に”金魚“と罵られたのが実に懐かしい程、今や煙草の吸い方を心得、吸い慣れているどころか、完全に依存してしまっている。然し、幾ら吸えどもタールとニコチンの味の区別が付く程味覚が発達して行く訳でも無く、「タールって何?」という疑問と共に、肉体を内部から蝕ましているに過ぎず、止めるに越したことはない。

『ニコチン』とは、タバコを吸って約4〜10秒で脳に達し影響を与える、たばこ煙の粒子相に含まれる精神作用物質で、薬理作用により中枢神経系の興奮と抑制が生じ、心臓・血管系への急性影響をもたらし、「毒物及び劇物取締法」の毒物とされている。また致死量は、青酸カリの致死量が体重1kgあたり2〜3mgであるのに対し、体重1kgあたり1mg以下であり、体重40kgの場合、30〜40mg程度で死亡するとされており、原料のたばこ葉に関しては「食べると死ぬ」という実に明瞭な猛毒である。『タール』とはそんなニコチン以外の色んな薬物などが混ざったもので、2000種類以上の薬物が入っており、中には癌の原因になるものが何百種類も含まれている。これらを喫煙により、体内に取り入れていると思うと恐ろしくなるだけでなく、「以前米国の煙草では、味をまろやかにする為、殺鼠薬を混ぜていたことがある」等と聞くと、嗜好品が単なる死向品に思える。

禁煙を真剣に考え出したある日、友人の紹介でアダムという名の男性と知り合い、クイーン通り沿いに在る彼の自宅に招かれた。何かの病を患っているのか、顔色が悪く、目の焦点が完全にずれてしまっている彼は、初対面という気遣いは一切なく、喫煙者である私を明確に否定した。「昔は俺も吸ってたけど、今や吸う奴の気が知れないね。ただでさえもカナダの煙草は高いのに、別にドラッグみたいにハイになれる訳でもなし、単純に肉体を害していく。高い金を払って癌になろうとしているみたいなもんだよ」何とも御尤もな意見である。彼の言葉が心の芯に響き、「死ぬ為に金を払っている」という極論が私の頭に重く圧し掛かった。そしてふと彼を見ると、身体を少し屈めた状態でせっせと何かを巻いており、細い棒状になったものに軽く舌を這わせ、それに徐に火を点け、煙を吐き出した。煙草とは一切異なる特殊な臭いが部屋中に広がり始めると、彼の目の焦点が急に定まり出した。「煙草なんかやめちまえよ!」と云う彼の声は弱々しくも、妙な威圧感があった。
て云うか、人間やめ掛けてるやんっ!

nob morley
「そっちは流石に今、激寒ですか?」と聞いてきたノブモーリー。今年は比較的暖かいほうじゃないでしょうか? そう思いませんか?  編集部

最終更新日 : [01/25]
▲PAGE TOP