bits lounge
bitsブログ、トロント在住ライターのコラム集、トロントリアルライフ、体験談etc

ホーム > ブログトップ > 047「お便器でいらっしゃいますか?」
SHOP ショップ
コラムバックナンバー 2003年特集記事 お問い合わせ

当コンテンツに関するお問い合わせはこちら
■お気軽にお問い合わせください。
コラムに関するご意見・ご感想をお待ちしております。
■随時、ライター募集中!
当コンテンツでは、ライターを目指している方のコラムを積極的に採用していきますので、ご応募お待ちしております。
■PRの場をご提供
ビジネスプロモーションの一貫としてのスペースも提供しています。

これまでに執筆したライターのご紹介!
'05年バックナンバー
'04年ブログ集
'03年コラム・特集記事



047「お便器でいらっしゃいますか?」

photo前略  カナディアン腰掛便器様
さて、今回筆を執ったのは他でもありません。貴方様にどうしても言っておかなければならないことがあったからです。
当然の如く日本の洋式便器と何ら変わら無い貴方様ではありますが、貴方様の周囲の環境は日本の通常のものを百点とするなら、完全に0点です。大きな作業を営んでいるときなど、ただでさえも音や臭いが本人の意思と反して発せられることが多いのに、何故「今の音と、この臭いの主は僕です!」と潔く挙手するかのように、足元を他人に見せながら作業しなければならないのですか? 確かに、ノックしなくとも足元さえ見れば”入っている“か否かは分かりますが、あのスタイルは客観的に見れば、まるでテレビで上半身をスリガラス越しで隠し、足元だけをハッキリと見せながら空き巣の手口を分析している元空き巣常習犯の唯一見えてる足元に、膝下まで下げられたパンツが”あらっ! 丸見え!“的な滑稽な姿に映って仕方ないのです。
まだ、便器が腰掛スタイルであるから良いもんの、あれがもし和式であったら、上半身と顔をきっちり隠しながら、一番恥かしい部分と瞬間を丸見えにしてしまうであろうし、逆に足元では無く、顔が丸見えの状態でも、気張っている表情を見られたり、大便中に他人と視線が合う等、想像しただけでも、全裸街角歩行以上の羞恥の極みです。
基本大便時は、限りなく家で営んでいる状況に近ければ近い程リラックス出来、心地好い時間に変えることが出来るものであります。あたり構わず快音を轟かせ、理性や世間体など一切放り出す…。自分の家ならたとえどんな音を発そうとも、どれ程の悪臭が立ち込めようとも、他人を気遣う必要は一切無いし、何ならそういう極限的悪臭は家族間では一時の楽しい会話を生む事だって有り得ます。然し、それが公衆の空間ともなると状況は一変し、小学生の時など、大用個室への出入りを誰かに目撃されただけでイジメの対象になったりした程です。全身を完全に隠されている日本の個室ですら、便所内に他人の出入りする気配を感じただけで、妙に息を潜めたり全身に有りっ丈の力を込め、作業を途中で無理に止めたりしてしまうのです。生理現象であるから、それほど恥かしがる必要も無いのかも知れないのですが、カナダ便所では他人に自分の存在と下着の形状・柄を示している以上、事の終わりに「今のお前か!」と怨むような目で見られても仕方がありません。
また、日本を離れる前、父親から「公衆便所で大便中に突然足を掴まれ隣室に引き摺り込まれ、そのままマッチョな人に犯された人がいるらしいから気を付けろ」と、聞きたくも無いのに変な説教トーンで聞かされた私は、自分の隣に人が入る度に、喩え様の無い恐怖感に苛まされ、気を付けろと言われても、道路標識の落石注意並に気を付け様が無いやないか! と叫びたくて仕方無く、そんなことに注意を払っても何の変化も無いとは分かってながら、何故か足元の空いた場所から覗き見えるお隣さんの下着を注意深く見て何らかの統計を取ろうとしている自分の姿があったりします。
落ち着いてウ○コも出来ません。 
草々


nob morley
(nob morley)何ぃ〜!知らなかった。いつから変わったんすか?金曜発行に。ひぇ〜っ!大変だぁ〜。締め切り遅くなるんですか?
(編集部)いいえ。

最終更新日 : [06/07]
▲PAGE TOP