bits lounge
bitsブログ、トロント在住ライターのコラム集、トロントリアルライフ、体験談etc

ホーム > ブログトップ > 65「禁じられた場所」
SHOP ショップ
コラムバックナンバー 2003年特集記事 お問い合わせ

当コンテンツに関するお問い合わせはこちら
■お気軽にお問い合わせください。
コラムに関するご意見・ご感想をお待ちしております。
■随時、ライター募集中!
当コンテンツでは、ライターを目指している方のコラムを積極的に採用していきますので、ご応募お待ちしております。
■PRの場をご提供
ビジネスプロモーションの一貫としてのスペースも提供しています。

これまでに執筆したライターのご紹介!
'05年バックナンバー
'04年ブログ集
'03年コラム・特集記事



65「禁じられた場所」

photo外傷後ストレス障害:トラウマによるストレスが引き起こす障害。トラウマ体験を繰り返し思い出し、あたかもその事件が今起きているかのように振舞う。
2歳上の姉が小学校を卒業するまでの間、私と姉は同じ部屋で、6畳程のスペースに2つの勉強机と1つの二段ベッド、年齢的な上下関係は寝床にも適用され、常に姉が上段で寝ていた。我々姉弟は基本仲が悪く、2段ベッドの上にあがることは一切許されず、私は姉の上下関係をかざした一方的な暴力の犠牲になることが多く、常に姉に対し怯えを感じていた。
小3の夏休みに、2泊3日で海へ家族旅行に行った時、経済事情により、床は所々コンクリートが剥き出しで、寝床は二段ベッドというホテルの一番安い部屋であったが、其処でも通常通り私が下段に寝るというスタイルになった。ここまで徹底的に上段を占拠されると、貧しい生活を強いられている人間が裕福な生活に憧れるのと全く同じ仕組みで、弥が上にも上段に対する羨望が強くなる。2日目、体調を崩し泳げなくなった為、姉とは違いあまり玩具を買い与えられなかった私が売店で仮面ライダーの塩ビ人形セットを買って貰い、人形達と部屋で留守番をすることになった。右手に仮面ライダー、左手に名も知らぬ怪物を持ち、左手の怪物がライダーの何発かの右手攻撃に吹き飛ばされるという遊びを延々繰り返していると、当然の如く飽きてくる。そして、より一層の迫力を求め、姉が居ないことを良いことに二段ベッド上段へ上がり、右手ライダーの攻撃を受けると左手怪物を床へ叩き付けるという痛点皆無で弾力性のある人形にだけ許された遊びに夢中になっていると、姉達が帰って来た。普段ならすぐに怒り出す姉だが、この時ばかりは流石に泳ぎ疲れていたのか、表記不能な音優先の声を発しながら、ベッド横に据え付けられた梯子でゆっくり上段へとあがり、平然と私を下へ突き落した。それはまるで神様の右手に姉、左手に私が握られていたのではと思えるような光景で、重力に何ら抗わず床に落ちていく私は、全ての運から見放されたのか、計算高い姉の謀略なのか、抜き出しになったコンクリート部分に綺麗に頭部を命中させ、今までぞんざいに扱っていた塩ビ人形の恨みとも取れる痛みを一気に味わわされ、母は「息子は死んだ!」と一瞬諦めた。
―初めてのユースホステル、しかも海外で、暗がりの部屋で数台並ぶ2段ベッドの何処が自分の寝床かを、受験番号を手に合格発表を見ている心境で、手元の番号を頼りに探る。得体の知れぬ数名の男達は完全に眠っており、真ん中のベッドの下段で寝ていた男性だけが私の足音で起きたのか眠そうな目で私を睨み付け、寝言は母国語なのか、何語かサッパリ分からない言葉をゴニョゴニョと言い放ち寝返りをすると同時に、ディーゼルエンジンのような鼾をかき出した。全ての状況に怯えながら部屋の奥へと進んでいくと窓際のベッドの上段が唯一空いており、悲しいことに手元の番号とベッドに記された番号が一致した。その瞬間20年程前の記憶が鮮明に蘇り、梯子に足を掛けながら、私は男性しか居ない部屋中を見渡し、居る筈の無い姉を探していた。

nob morley
吉本新喜劇で活躍中のお笑い芸人。事務所の先輩である陣内さんが藤原紀香と結婚したのを目標に、ええ女と結婚出来るように頑張ります。

最終更新日 : [03/02]
▲PAGE TOP