bits lounge
bitsブログ、トロント在住ライターのコラム集、トロントリアルライフ、体験談etc

ホーム > ブログトップ > 第十四話「『世界の松本人志』もとい『尼崎の松ちゃん』が放つシュールなギャグ映画」
SHOP ショップ
コラムバックナンバー 2003年特集記事 お問い合わせ

当コンテンツに関するお問い合わせはこちら
■お気軽にお問い合わせください。
コラムに関するご意見・ご感想をお待ちしております。
■随時、ライター募集中!
当コンテンツでは、ライターを目指している方のコラムを積極的に採用していきますので、ご応募お待ちしております。
■PRの場をご提供
ビジネスプロモーションの一貫としてのスペースも提供しています。

これまでに執筆したライターのご紹介!
'05年バックナンバー
'04年ブログ集
'03年コラム・特集記事



第十四話「『世界の松本人志』もとい『尼崎の松ちゃん』が放つシュールなギャグ映画」

photo大日本人
(2007年公開)
監督:松本人志
主演:松本人志・竹内力

ダウンタウン世代(1970〜78年生まれぐらいを指す?)であるボクにとって、松本人志=超おもしろい“芸人”、である。だから、「笑い一本でやっていく」と公言している松ちゃんが、マスコミやファンにまつりたてられて文化人的な方向に行ってしまわないか心配でしょうがない。いや、別にいいんですけど、ボクが好きなのはやっぱり40過ぎても真顔で巨乳ナースの扮装をする松ちゃんなのです(ウザい?)。だから今回、松ちゃんが映画を撮る、しかもその作品がカンヌ映画祭に出品されるなんて事を小耳にはさみ、こりゃあ『ビートたけし→世界の北野』、のように『ダウンタウンの(尼崎の)松ちゃん→カリスマ松本人志』的なことになってしまうのではないかと危惧した訳です。でもってだんだん番組の司会業がメインになったり、選挙に出馬するんじゃないかって言われるようになったりしたらかなりテンション下がるっす。結局、そんなのは取り越し苦労で、映画はやっぱり松ちゃんテイストのシュールなコメディに仕上がっていました。あ〜良かった。

女優に胸キュン度……………★☆☆☆☆
映像カッコイイ度………………★★★☆☆
エエ話やなぁ度………………★★★★☆

シネマサト
だけど宣伝のために片っ端からトーク番組に出てたのは、レア感があって嬉しい反面、ちょっとがっかりだったなぁ…。いいとも! とさんまのまんまは録画で保存版だけどね。

最終更新日 : [08/07]
▲PAGE TOP