bits lounge
bitsブログ、トロント在住ライターのコラム集、トロントリアルライフ、体験談etc

ホーム > ブログトップ > 第十八話「演技派カリスマ美青年、玉山鉄二の兄弟愛に号泣必至のヘビーな人生物語」
SHOP ショップ
コラムバックナンバー 2003年特集記事 お問い合わせ

当コンテンツに関するお問い合わせはこちら
■お気軽にお問い合わせください。
コラムに関するご意見・ご感想をお待ちしております。
■随時、ライター募集中!
当コンテンツでは、ライターを目指している方のコラムを積極的に採用していきますので、ご応募お待ちしております。
■PRの場をご提供
ビジネスプロモーションの一貫としてのスペースも提供しています。

これまでに執筆したライターのご紹介!
'05年バックナンバー
'04年ブログ集
'03年コラム・特集記事



第十八話「演技派カリスマ美青年、玉山鉄二の兄弟愛に号泣必至のヘビーな人生物語」

photo手紙
(2006年公開)
監督 : 生野慈朗
出演 : 山田孝之・玉山鉄二・沢尻エリカ

春です。3月になった途端イヤというほど花粉が舞い始めたらしく、さっき帰宅したボクは鼻水たらしながらくしゃみ10連発、目玉を取り出してゆすぎたい欲望と闘ってます(思い当たる人にとっては痒いフレーズでしょ)。だから春ってボクにとっては一番嫌いな季節なんだけど、唯一好きな点は『新生活』の可能性を秘めた季節だってこと。今年は卒業も入学も就職もないけど、今までマンションを更新した事がない(=一箇所に定住するのが苦手な)ボクは、春に引越しをしようと計画中。それにしても『新生活』っていう言葉、すごく良くないですか? マンネリ化しがちな毎日の生活をいい意味でリセットするのって絶対必要な事だと思うし、未知なる生活へのちょっとした不安とワクワク感って、ステキな感覚だと思うから。 とまあこんな風にポジティブ&ヤル気マンマンモードのボクが意外にもハマっているのが、東野圭吾ワールド。だけど人の業とか宿命を描く彼のヘビーな作風にどっぷりハマりながら人生を考える、なんていう贅沢が許されるのって、逆に精神が元気だからこそなのかもしれないね。

女優に胸キュン度……………★★★★★
映像カッコイイ度………………★★★☆☆
エエ話やなぁ度………………★★★★★

シネマサト
お騒がせ女優沢尻エリカが最高の演技見せてます。人を感動させる才能があれば実生活が破綻しててもいいや、なんて思っちゃダメ?(ちなみに顔も好み)

最終更新日 : [06/11]
▲PAGE TOP