bits lounge
bitsブログ、トロント在住ライターのコラム集、トロントリアルライフ、体験談etc

ホーム > ブログトップ > 第二十話「異色の5人男が密室で繰り広げる、イマドキのサスペンス会話劇」
SHOP ショップ
コラムバックナンバー 2003年特集記事 お問い合わせ

当コンテンツに関するお問い合わせはこちら
■お気軽にお問い合わせください。
コラムに関するご意見・ご感想をお待ちしております。
■随時、ライター募集中!
当コンテンツでは、ライターを目指している方のコラムを積極的に採用していきますので、ご応募お待ちしております。
■PRの場をご提供
ビジネスプロモーションの一貫としてのスペースも提供しています。

これまでに執筆したライターのご紹介!
'05年バックナンバー
'04年ブログ集
'03年コラム・特集記事



第二十話「異色の5人男が密室で繰り広げる、イマドキのサスペンス会話劇」

photoキサラギ
(2007年公開)
監督 : 佐藤祐市
主演 : 小栗旬・ユースケ・サンタマリア

仕事が忙しいとみんなイライラしてくるのは仕方のないことだけど、あるプロジェクトが佳境を迎えているこの数日間、社内にネガティブな毒を撒き散らしている人物がいる。ボクの先輩であるA女史だ。40代前半の彼女は、機嫌が悪くなると電話のガチャ切りは当たり前、新人がミスするとすごい剣幕で責めたてたり、一度でも何か訊き返そうもんならあからさまに嫌な顔をして吐き捨てるように言ったりする。そのくせ、上司や大企業が相手になると、声は2オクターブぐらい高くなり、聞いてる方が恥ずかしくなるぐらいのおべっかを使って話すのだ。今どきこんなマンガチックな人いる〜?! 一日中彼女の険悪な声をBGMに仕事してたら、いつもの100倍疲れました…芋焼酎のお湯割でも飲みながら、気の張らないコンパクトな映画観たいなと思って手にしたのがこのサスペンス・コメディ。1つのシチュエーションで全編が展開される密室劇は、テンポよく繰り広げられる会話が絶妙で、観終わった後一気に気持ちが軽くなった。今日はこのままステキなテンションで眠りにつけそう。

女優に胸キュン度……………★☆☆☆☆
映像カッコイイ度………………★★★★★
エエ話やなぁ度………………★★★★☆

シネマサト
小栗旬、ユースケ・サンタマリア、小出恵介、塚地武雅(ドランクドラゴン)、香川照之と、全然整合性なさそうな組み合わせの5人が奏でるハーモニーが最高。

最終更新日 : [06/11]
▲PAGE TOP