bits lounge
bitsブログ、トロント在住ライターのコラム集、トロントリアルライフ、体験談etc

ホーム > ブログトップ > 第三十ニ話「男のロマン満載、セブの夕陽も楽しめる。コックピットのドキュメンタリー」
SHOP ショップ
コラムバックナンバー 2003年特集記事 お問い合わせ

当コンテンツに関するお問い合わせはこちら
■お気軽にお問い合わせください。
コラムに関するご意見・ご感想をお待ちしております。
■随時、ライター募集中!
当コンテンツでは、ライターを目指している方のコラムを積極的に採用していきますので、ご応募お待ちしております。
■PRの場をご提供
ビジネスプロモーションの一貫としてのスペースも提供しています。

これまでに執筆したライターのご紹介!
'05年バックナンバー
'04年ブログ集
'03年コラム・特集記事



第三十ニ話「男のロマン満載、セブの夕陽も楽しめるコックピットのドキュメンタリー」

photo世界のエアライナー NRT-CEB
(2001年発売)
ドキュメンタリー

恒例の海外出張の前夜。ここ1ヶ月ぐらい馬車馬のように働き、ジャパニーズ・サラリーマン街道まっしぐらだったせいか、環境の違うところに行けるのがちょっと嬉しかったりする。エーゲ海くんだりまで行くというのに、とりあえず往復24時間のフライト中に思う存分ボーっとしまくるのが一番楽しみなボクは、やっぱり相当疲れているんだろうか。ボクは昔から飛行機に乗るのが好きだ。あんなに大勢の人が密室にいるとは思えないような静寂の中、モーター音だけが聞こえる暗い機内で過ごしていると、日常生活では考えないようなあらゆる事に思いを馳せる事が出来る。振り返ってみると、それが人生の転機に繋がっていたりもする。−ハイジャックとかのパニックもの以外に機内を舞台にした映画ってなかなか無いもので、取り敢えず成田−セブ間の機長室からの風景を見せるマニア向けドキュメンタリーを観てみた。ところがこれまた下手な恋愛映画よりロマンティック! 明日のフライトでは、買いだめした本を読もうか、久々に手紙を書こうか、ひたすら物思いに耽ろうか…何だか楽しみになってきた。

シネマサト
東野圭吾と小池真理子の小説、DSの新スーパーマリオ、そしてレターセットを機内持ち込みバッグの中に入れました。機内で寝てしまわないよう、今夜は早寝します。

最終更新日 : [10/23]
▲PAGE TOP