bits lounge
bitsブログ、トロント在住ライターのコラム集、トロントリアルライフ、体験談etc

ホーム > ブログトップ > 第三十八話「正反対の魅力を持つカリスマ俳優2人による、ちょっと哀しいサスペンス」
SHOP ショップ
コラムバックナンバー 2003年特集記事 お問い合わせ

当コンテンツに関するお問い合わせはこちら
■お気軽にお問い合わせください。
コラムに関するご意見・ご感想をお待ちしております。
■随時、ライター募集中!
当コンテンツでは、ライターを目指している方のコラムを積極的に採用していきますので、ご応募お待ちしております。
■PRの場をご提供
ビジネスプロモーションの一貫としてのスペースも提供しています。

これまでに執筆したライターのご紹介!
'05年バックナンバー
'04年ブログ集
'03年コラム・特集記事



第三十八話
「正反対の魅力を持つカリスマ俳優2人による、ちょっと哀しいサスペンス」

photoゆれる
(2006年公開)
監督:西川美和
主演:オダギリジョー・香川照之

兄弟姉妹との関係って、大人になるにつれて微妙に変化してくると思う。ボクにはとても仲の良い兄がいるんだけど、昔のじゃれ合うような(そしてたまにいじめられるような)関係から、社会人になってお互いを大人として認め合うような関係へと移行したのを実感する時がある。仕事帰りに待ち合わせして、バーなんかで飲んで馬鹿話して、でも兄弟でも言えない、すごくプライベートな部分が見え隠れしたりして。それでもまあ、ボクにとっての兄というのは、今でもきっとボクの事を一番理解してくれている存在だと思うんだけどね。―細身の皮ジャンに無造作な髪でコジャレた外車を乗り回す、画に描いたようなフォトグラファー(こんな奴いねぇよ! と突っ込みたくなるけど、実際いるんだよね、こういう人)の弟が、地元で家業を継いで女っ気のない地味生活をする兄の新たな一面に気づいていくという法廷サスペンス。実際はサスペンスを通じて兄弟の心の微妙な変化を描いたヒューマンドラマって感じなんだけど、役者がいいせいか、ちゃんとドッキリ感もあって見ごたえのある作品に仕上がってます。

シネマサト
オダジョーってナルシストっぽくてあんまり好きじゃないけど、こういう演技を見るとまたイイ役者さんだなーと思ってしまう。香川照之は言わずもがなだけどね。

最終更新日 : [01/21]
▲PAGE TOP