シネマサトの邦画のほ〜がイイかもね!

第四十七話「貧乏女子高生が4人の王子様に囲まれる、漫画ちっくなシンデレラ・ストーリー」

大学時代、家庭教師のアルバイトをやっていた。教え子は、言っちゃ悪いがあまり頭の良くない女子高に通う地主の娘だった。残念ながら好みのタイプではなかったので家庭教師と教え子のエロい展開なんかはなかったけど、週2回、その成金趣味の大きな家に通う大きな楽しみが一つだけあった。

彼女に問題を解いてもらっている間に読むマンガである。当時彼女の高校で大流行していたのは『花より男子』で、初め「花より…だんし?」なんて言っていたボクも、そのシンデレラ・ストーリー的な展開にすぐに夢中になってしまった。勉強そっちのけで2人でマンガを読みふけり、おやつを持ってきたお母さんのノックの音で慌てて隠したりしたものだ。当然、その子の成績はあまり上がらず、結局付属の短大に進学した。そして約8年後、この作品がドラマ化・映画化され、ティーンを中心に大ヒット。勝因は、当時無名だった井上真央を始め、小栗旬とかF4メンバーのキャスティングの良さだと思う。正にイメージ通り!と、オッサンのボクも恥ずかしながら夢中になって観てしまいました。

花より男子
(2008年公開)
監督:石井康晴
主演:井上真央・松本潤

[ 2009/06/05 ]

シネマサト
それにしても女子ってどうしてこうシンデレラ・ストーリーが好きなんだろうか。今度、逆に冴えない男子が4人の美女に囲まれる物語も作って欲しい。

前の投稿

次の投稿

▲PAGE TOP