シネマサトの邦画のほ〜がイイかもね!

第五十一話「美男ブ男美女ブ女が入り乱れる、夢いっぱいのロマンティック・コメディ」

ドラえもんの道具で一番欲しいと思うのは何? ボクはね、うーん…ひとつしか選べないんだったら“もしもボックス"かなぁ。“どこでもドア"で海外旅行したり、“タケコプター"も気持ち良さそうだけど…あっ、もし自分が学生だったら絶対“暗記パン"で東大入りたいね。あーでもやっぱり、それも全部“もしもボックス"で実現できるもんね。なんてことを1時間も真剣に議論し合う三十路ってどうでしょう。ボクは決して嫌いじゃないっす、そういう大人。非現実的だってわかってても、それを手に入れた自分をあれこれ想像するのはとても楽しいと思う。―まさにそんなマンガちっくな夢を映画にしてしまったのがこの作品。超売れっ子放送作家の鈴木おさむ氏が原作だけあって、単純明快なストーリーと、あちこちに散りばめられた下らない感じの笑いが魅力の、純粋なエンターテイメント作品に仕上がっている。そして何より、ちょっぴりジーンとくる展開に、「恋愛って素晴らしいよね!」なんて思ってしまった。こういう、単純だけど夢のある作品、好きだなぁ。

ハンサム★スーツ
(2008年公開)
監督:英勉
主演:谷原章介・塚地武雅

[ 2009/08/07 ]

シネマサト
旬な役者さんを使って、俗っぽくない作品に仕上げるのって意外と大変だと思う。あと森三中の大島さんを可愛く見せてしまう演出&脚本もすごいです。

前の投稿

次の投稿

▲PAGE TOP