シネマサトの邦画のほ〜がイイかもね!

第五十四話「長澤まさみ演じるミステリアスな美少女と
幼なじみの男子2人の切ないラブストーリー」

中学の同窓会をやろうと思い立ち、頼まれてもいないのに幹事をやっている。なにも仕事がすごく忙しいこの時期にやらなくても良かったんだけど、ある日突然思い立ってしまったのだからしょうがない。何となく一人で名簿の片っ端から電話をかけているのだが、既に初老になった元同級生のご両親たちに「御苦労さまね」なんて言われると、「こういうのってホントは一人でやるもんじゃないんだろうなぁ」とちょっと孤独を感じたりする。まあでも何となく人も集まりそうだし、仲の良かった人の近況を15年ぶりに聞いて嬉しくなったりもしたし、良かった良かった。―久しぶりに再会した幼なじみの男女3人の切ない関係を描くこの作品は、「いま、会いにゆきます」の原作者、市川拓司による純愛ストーリー。主演は今や実力派人気若手俳優としての地位を確立した感のある長澤・山田・塚本高史というだけあって、いい意味で期待を裏切らない安定感のある作品に仕上がっている。ボクにはそこまで忘れられない幼なじみはいないけど、今回、初恋の人とロマンスが生まれるのを期待してみようかな、イヒヒヒ。

そのときは彼によろしく
(2007年公開)
監督:平川雄一郎
主演:長澤まさみ・山田孝之

[ 2009/09/18 ]

シネマサト
考えてみたら昔から学級委員とかやってて仕切るのが好きだったんだ、ボクは。でも不良がモテたボクの中学では、全然モテなかったけどね…。

前の投稿

次の投稿

▲PAGE TOP