シネマサトの邦画のほ〜がイイかもね!

第六十八話
クドカン&阿部サダヲにしては
さり気なくほのぼのな人情コメディ

出張で3年ぶりのロンドン。大好きな街だけど、今回はかなりハードルの高い使命があり、かなりプレッシャーを感じていた。おまけに出発前日に仕事で大失敗をして何年ぶりかの大目玉。朝4時までヤケ酒飲んで、朝ギリギリで成田に向かい、うつむき加減で機上の人に。売店のお釣りの受け渡しから搭乗手続きまで何をやってもスムーズにいかず、しまいにはCAの皆さんまでボクに冷たいような気が(完全に被害妄想だけど)。まけるもんか、くじけるもんか、なくもんか…あれ?機内エンターテイメント冊子の映画リストに、今のボクにぴったりの映画が。とまあ、ちょっと苦しいけどまんざらウソでもない理由で見始めたこのクドカン映画、全然泣けなかったのはちょっと期待はずれだけど、なかなか悪くないです。阿部サダヲのやり過ぎ感が鼻につくことがあるけど、それでもさり気ない作品に仕上がっているのは、多分監督さんのセンスがいいのだと思う。この前に観たサラ・ジェシカ・パーカーのコメディは途中で爆睡たけど、これは最後まで観ちゃったもんね。

なくもんか(2009年公開)
監督:水田伸生
主演:阿部サダヲ・瑛太

[ 2010/04/16 ]

シネマサト
竹内結子みたいな美人がカカア殿下的な感じってちょっとイイよね。それにしてもハムカツが食べたい…。ソースいっぱいつけて。

前の投稿

次の投稿

▲PAGE TOP