シネマサトの邦画のほ〜がイイかもね!

第七十八話
限界まで追い詰められた女たちの
究極の選択をブラックに描いたサスペンス・コメディ

暦では秋なのに相変わらずの猛暑。この2週間完全にオーバーワークのボクは身も心もバテバテだ。深夜まで仕事して、ベッドになだれ込む日々。そんな中、仕事上で大問題が2つ同時に発生!不可抗力とは言え、もっと慎重にやっていれば回避出来たかも知れない状況で、ボクに問題解決の義務が課せられた。下手すりゃ会社の存続にも関わるような事態なのに「俺は知らない」とばかりにそっぽを向く上司に内心(放送禁止用語をたっぷり使って)毒づきながら、奔走する猛暑の午後。冷たいお茶を買って駅のベンチで一休みしていたら、自分の中でプツンと糸が切れた感覚がした。目の前を行き交う人々を眺めながら、「どこか遠くに逃げちゃいたいなぁ」なんてぼんやり考えてしまった。---それぞれに問題を抱えながら弁当工場で働く女たちが、あるきっかけで闇の世界への一線を超えてしまう様を描いたこの作品は、桐野夏生のベストセラー小説を原作にした超ブラックなサスペンス・コメディ。限界ギリギリの状況に置かれた彼女達が犯罪に手を染めていく心理が妙にリアルに描かれていたのを思い出して、明日は我が身とゾッとしたボクだった。

OUT
(2002年公開)
監督:平山秀幸
主演:原田美枝子・倍賞美津子

[ 2010/09/17 ]

シネマサト
結局ボクの方は先輩思いの後輩の励ましと助けを得て、何とか問題解決できました。それにしてもこの数年間で一番ツラくて長い一日だったなぁ…。

前の投稿

次の投稿

▲PAGE TOP