シネマサトの邦画のほ〜がイイかもね!

第八十二話
ジャージ姿で山にこもる中年親子の
ダメ人間っぷりにクスリとする、和み系コメディ

このコラムを始めてからもう何度目になるかわからないが、またカンヌ出張へ行ってきた。予約が取れなくて関空経由の2回乗り継ぎになってしまい、しかも乗り継ぎ時間がギリギリなもんだから全力疾走でゲートに滑り込みセーフ! ようやくニースの空港に到着した時には汗だくでボロボロだった。既に21時を回っていたけど、何とかホテルの近くのバーで温かいパスタとビールにありつき(ホテルはカンヌ郊外だから夜開いているお店なんて数えるほどしかない)、先にカンヌ入りしていた先輩と合流してやっと一息ついた。そして翌日、仕事の会場に向かうとそこには碧く輝くエーゲ海が!! カンヌはフランスの熱海だ(しかも熱海のような情緒が感じられない)なんていつも文句を言っているボクだけど、このエーゲ海の眺めだけは毎回ちょっと感動する。紺碧の海に浮かぶヨット群は、むかし絵葉書で見た避暑地そのものなのだ。-そんな素敵な風景からはかけ離れてるが、こちらも山奥の“避暑地"で、無職の32歳男とその父親がジャージ姿でひと夏を過ごす物語。「ダメ人間」ていう言葉が決してキライじゃないボクには、心から和むことの出来る、大人のための癒し映画だ。

ジャージの二人
(2008年公開)
監督:中村義洋
主演:堺雅人・鮎川誠

[ 2010/11/19 ]

シネマサト
来週はいよいよ待ちに待った夏休みです(遅ぇ)。マイレージでチケット取ってシンガポールへ行ってきます。初マーライオンを拝んできます。

前の投稿

次の投稿

▲PAGE TOP