シネマサトの邦画のほ〜がイイかもね!

第八十七話
沖縄の離島でゆっくりと育まれる愛の姿を描いた、
スローなラブストーリー

最近お酒を飲むと眠くなる。これって完全に老化現象だと思うけど、ちびちびやりながらほろ酔いで飲み続けたいボクとしては非常に不便。この前も午前3時に仕事の打ち上げが終わり、先輩と「もう一軒行こう〜」なんてお店に入ったら、ビール一口でダウン。気付いたら朝6時で外はもう明るかった(先輩も爆睡してた←同じく老化現象)。まぁこれは極端だとしても、休日に家飲みなんかすると缶ビール2本でウトウトしてくる。30分ぐらいソファで寝て、起きたらまた飲むっていうのを繰り返していると、こんなに自堕落な過ごし方をしても良いものかと罪悪感を感じてしまう。―『カフー(=良い知らせ)を待ちわびて』は、沖縄の離島で雑貨屋を切り盛りする男(玉山)と、突然現れた謎の美女が愛情を育んでいくスローなラブストーリー。玉山が大の字になって昼寝しているところにアイスを買いに来た小学生たちが、勝手にアイスを取り出して箱にお金を入れていく冒頭のシーンで、そののんびり感に魅了されてしまったボクは、慌ただしい毎日に疲れてるのかもしれない。これからも進んで自堕落タイムを作るようにしよう、うん。

カフーを待ちわびて
(2009年公開)
監督:中井庸友
主演:玉山鉄二・マイコ

[ 2011/02/04 ]

シネマサト
マイコさんて美人なのかよくわからない不思議な顔してるけど、この作品の幸役ではその清楚でミステリアスな魅力がいかんなく発揮されてました。

前の投稿

次の投稿

▲PAGE TOP