シネマサトの邦画のほ〜がイイかもね!

第八十八話
オトコたちの妄想が激突する
ナンセンスなシチュエーション・コメディ

皆さんは学生時代のバイトって何をやりましたか? ボクは高校時代はスーパーのレジ、大学時代は家庭教師やってました。基本、出不精だし黙々と仕事したい方だから、飲食店のホールとか、ましてやリゾートバイト(海の家とかスキー場とかね)なんてやった事が無い。友達に聞いたところによると、そういうバイトの場合、バイト仲間でしょっちゅう遊びに行ったり飲んだり、しかもカップルがいくつも出来たりして、かなり楽しそうだ。今さらながら、そういうバイトも一回ぐらいやってみても良かったかな〜なんて思う。何と言っても若くてピチピチして青春謳歌してて性欲旺盛な頃にしか出来ないバイトだもんね!−今回は、海の家でひと夏共にバイトした男5人が、バイト仲間のマドンナ(戸田)の本命のポジションを巡って激しいバトルを繰り広げるシチュエーション・コメディ。キャラの濃い男達が次々に妄想の中で彼女とラブラブになっていく様はなかなかキモ面白い。でも人を好きになるのって、一部はこういう妄想に基づいた勘違いだったりすることってきっとあるよなぁ、なんて身につまされてしまったボクでした。

大洗にも星は降るなり
(2009年公開)
監督:福田雄一
主演:山田孝之・戸田恵梨香

[ 2011/02/18 ]

シネマサト
山田孝之って、キモイ方向に振り切った演技も気持ちいいって思うようなナルシストだと思う。「キサラギ」を彷彿とさせるつくりだけど、もうちょっと深みが欲しかったかなぁ。

前の投稿

次の投稿

▲PAGE TOP