タンドリー・ソースにじっくりつけ込んだインドの伝統チキン料理

Bombay Chicken

(2009年07月03日記事)

Bombay Chicken ($14.00)

夏にピッタリ! スパイスが効いた爽やかな味わい

トロントニアンにも人気が高いインド料理。味はもちろん、ロマンティックな雰囲気で食事が楽しめる名店があるとの情報を得て早速出かけてみた。02年にオープンした「Jaipur Grille」は、インド北部にある伝統工芸品で有名な都市ジャイプルにちなんで名付けられた。店内にはジャイプル産のモスリン織やジュエリーなどがさりげなく飾られ、シンプルだがラグジュアリーな感じ。メニューはインドの宮廷料理の流れをくむムガール料理が中心だが、中にはモダンなアレンジを加えたものもあるとのことだ。

おいしさの秘密はタンドリー・ソースと壷釜にあり!?

最初に紹介する「ボンベイ・チキン」は、いわゆるタンドリー・チキン。チキンをタンドリー・ソースに漬け込みグリルしたものだ。タンドリー・ソースにはヨーグルト、新鮮なレモンの絞り汁、ショウガ、ニンニク、グリーン・チリ、そしてカレーの主原料の一つでもあるフェヌグリークなどのスパイスがたくさん入っている、インドの伝統的なレシピの一つ。チキン以外にもビーフやシーフード、野菜などとも相性のよいソースだ。漬け込む時間は最低でも24時間。チキンにソースのオレンジピンク色とフレーバーがしっかり染み込んだら、長い鉄串に刺してオーブン釜へ。オーブン釜はインドの伝統的な土の壷釜で、上から見ると、大きな穴がぽっかりと1メートル弱、下に向いて開いている。串ごと中に入れて焼くこと10分弱、チキンの表面に少し焦げ色がつく位の焼き具合がちょうどいい。

▲Chicken Tikka Masala ($14.00)
お好みでライスやナンと一緒に食べるのもお勧め。

▲Shrimp Masala ($17.00)
たくさんの香辛料をミックスしたマサラとトマト&オニオンソースのカレー料理。たっぷり入ったタイガーシュリンプが嬉しい。

まろやかな味を楽しみたいアナタへのお勧めメニューは…

もう一つ紹介したいのが「チキン・ティカ・マサラ」。タンドリー・ソースに漬け込んでグリルした鶏肉をバターとクリーム、そして隠し味にインド産の黒いロック・ソルトを加えて作ったソースの中に入れて調理したバター・チキンだ。ソースはトマトベースだが様々なカレースパイスが入っているので、普通のバター・チキンよりスパイシーだが、辛すぎず、バターとクリームのまろやかな味わいが楽しめる。新鮮で質の良い素材を使っていることがきちんと伝わって来るのもうれしい。今年はインディアン・スパイスで夏を元気に乗り切りたい!

スタッフ

▲オーナーのパワンはタージマハルの有名ホテルで修行を積んだ本格派

〈文・写真/大村 絵理〉

information

外観 Jaipur Grille
2066 Yonge St.
tel: 416-322-5678
サイト:www.jaipurgrille.com

▲地下鉄Eglinton駅から徒歩10分

トロントマップ

<Lunch>
月〜土 11:30〜14:30
<Dinner>
日〜木 17:00〜22:00
金・土 17:00〜22:30

店内 ▲広い店内はシックで洗練された雰囲気。小さめだがパティオ席もある。

 
▲PAGE TOP