レインボートラウトの
アップル・サルサ添え

Crackling Trout, Apple Salsa

(2009年11月20日記事)



Crackling Trout, Apple Salsa ($14.00)

ダウンタウンのニュースポット!
2人の女性シェフのアイデアがいっぱい

チャーチ・ストリート沿いにある「Lola's Commissary」はオープンして3か月、流行に敏感で味にうるさいネイバーフッドの人々の注目を集めている新しいレストランだ。可愛らしい店内のリラックスした雰囲気の中で、美味しくて気の利いた料理をいただけると評判になっている。共同でオーナーとシェフを一緒に勤めるテリッサとカレン、2人が目指すのは”ニュー・カナディアン・クイジーヌ“。「ローカルの食材や季節感を大切にしながら、トロントらしくマルチカルチャーで刺激的なアイデアを取り入れてメニューを作って行きたい」と語る。

女性に嬉しい小さめサイズでライトな料理

テリッサのシグニチャー・ディッシュ(代表的な料理)の一つが「Crackling Trout, Apple Salsa」。TV番組の企画でシェフのコンペティションに出場した時もこの料理で勝利を勝ち取った、思い出の一品とのこと。彩りも盛りつけも美しく、食べてしまうのがもったいない感じだ。レインボートラウトは高品質で、フライパンで表面をカリっと焼いてあるが中身は柔らかくジューシー。トッピングにはアップル・サルサ。ビター・グリーンアップル、レッドペッパー、フレッシュなパセリを細かく刻んで、ベジタブルオイル、塩、レモンジュースなどで軽く和えてある。意外な組み合わせだったが、リンゴやレモンの甘さと爽やかさがレインボートラウトと良いバランスで、魚料理が更にライトな感覚で味わえる。

▲Cheesecake Stuffed French Toast($12.00)
ブランチの人気メニューは何とチーズケーキが挟まったフレンチトースト!ブルーベリー、ストロベリー、アップルのコンポート添え。お試しあれ!!

▲Smokey Spec($13.00)
12種類の穀類で作られたオリジナルの"フラット・ブレッド"はピザよりヘルシーでクリスピー。Wスモークベーコンとリンゴ、チェダーチーズの相性が抜群!

付け合わせのサラダもユニークで美味!

レインボートラウトの下にあるのが、濃い紫色と緑色をした2種類のケールとレンティル豆、オニオンなどがたっぷり入っているサラダだ。青汁で日本人にもお馴染みのケールはビタミンが豊富で栄養価がとても高い野菜。独特の風味が苦手という人もいるが、このサラダでは軽くソテーしてあるため、甘みが増していて食べやすい。またレンティルはビタミンB、葉酸、鉄分を多く含んでいて、世界の五大健康食品の一つとも言われている食材。その中でも上級の小粒のものだけを選んだ”キャビア・レンティル“と呼ばれるグレードを使用しており、プチプチとした食感が豆好きな人にはたまらないだろう。紫色のオニオンは薄くスライスした後、ビネガーと砂糖で煮ることで、鮮やかなピンク色に! 「こういう風にすると玉ねぎも可愛らしいでしょう?」と嬉しそうに語るテリッサ。シンプルに見える料理だが、一つひとつの食材に様々な工夫がされている。女性シェフらしく細やかな気遣いで見た目の美しさだけでなくヘルシーさなどもよく考慮してあり、他のレストランとは異なる、自分達らしい料理を追求する姿勢がとてもよく伝わって来る一品だ。

季節の食材を使ったタパス料理やホームメイドのパスタなど、心引かれるメニューがたくさんある。今後も2人の女性シェフのクリエイティブなアイデアが溢れる料理に期待したい。

スタッフ

▲共同経営者でシェフのカレン(右)とテリッサ

〈文・写真/大村 絵理〉

information

外観 Lola's Commissary
634 Church St.
tel:416-966-3991
サイト:
www.lolascommissary.com

火・水 11:00〜21:00
  木 11:00〜22:00
  金 11:00〜23:00
  土 10:00〜23:00
  日 10:00〜16:00
※土日はブランチ営業

▲地下鉄Yonge-Bloor駅から徒歩7分

トロントマップ

店内 ▲可愛らしくロマンティックな雰囲気の一軒家レストラン。2階はカクテルパーティーなどにも対応できる。特に週末は予約がお勧め!

 
▲PAGE TOP