香り豊かなベトナム北部の
名物料理に挑戦!

Cha Ca

(2010年07月02日記事)


Cha Ca − Hanoi 3 Seasons ($12.00)

ハノイ風、白身魚の香草揚げ焼き

チャー・カーという料理をご存知だろうか?
ベトナムの首都ハノイにある有名なレストランが生み出したこの料理は、通りの名前も料理にちなんで「チャー・カー通り」と名づけられているほどの超名物料理。世界中のグルメがハノイまで足を延ばすというこの料理が、トロントにいて手軽に食べられると聞きつけて、「Hanoi 3 Seasons」を訪れた。チャー・カーは、エビのすり身、ディル、ターメリックなどで下味を付けた白身魚をたっぷりの油で揚げ焼きにしたものを、米粉の麺と香草入りサラダと一緒に食べるもので、トロントにベトナムレストランは数あれど、この料理を出している店は数少ないというので、期待も高まる。

カリカリの衣の中身は
ふっくらした魚

「ソースをたっぷりかけて、混ぜながら食べてね」と教えてもらったが、まずはオレンジ色のいかにも辛そうなソースを少し味見。甘酢、唐辛子、香菜、酢漬けの野菜が入ったソースは思っていたほど辛くなく、"甘口のすし酢“のよう。言葉通り、そのソースをたっぷりかけて早速白身魚をパクリ。香ばしく焼き上がった衣はピリリと辛く、中身はふっくらと柔らかい。下味がよく馴染み、豊かなコクがクセになる味だ。使用しているハタ(grouper)は南国の魚。淡白な味わいなのでディル、コリアンダー、ネギなどの香菜と相性がよい。カリカリの衣を纏った魚と細麺、香菜サラダを混ぜて食べる、混ぜ寿司のようなこの料理、さっぱりとしていて夏の暑い日にぴったりだ。

▲カレー粉と香菜で味付けされたハマグリをサクサクのごま煎餅にのせて食べる人気のアペタイザー。Hen ($7.00)

▲暑い夏にはやっぱりアイスクリーム。コレステロール低下を助ける緑茶と黒ごま入り!Green Tea and Black Sesame Ice
Cream ($3.00)

ベトナム北部の味

トロントでは生春巻きなどベトナム南部の料理を中心にサーブしているレストランが主流だが、ここでは北部の料理にフォーカスを置いている。オーナーのハイさんによると、北部と南部の違いは"香り“にあるという。南部は、ココナッツなどの甘みのあるものや何十種類もの香草を使う独特の奥深い味が特徴。一方、北部は比較的シンプルで、香菜も数種類の限られたものを使用、味付けは塩や醤油が主流、と日本料理に慣れた舌にもよく合う。
もう1つ、この店の特長はハイさんの美へのこだわりにある。良質なアンティーク家具から、壁に飾られた一点もののアート作品まで、店内を彩る内装はすべてハイさん自身がベトナムで買い付けたもの。落ち着いた、エレガントでモダンな雰囲気を醸し出す。
珍しいベトナム北部の名物料理を試すのはもちろん、ワンランク上のダイニングエクスペリエンスを求めるなら、訪れてみよう。

〈文・写真/村上 ゆり〉

 

スタッフ

▲「自分らしいことをする」為店を始めたと言うハイさん。

information

外観Hanoi 3 Seasons

1135 Queen St. E.
tel:416-469-3010
www.hanoi3seasons.com

Lunch
火〜日 12:00 〜 15:00
Dinner
火〜日 17:00 〜 23:00

▲Queen St. E.× Jones Ave. から徒歩1分

トロントマップ

店内 ▲抹茶色がアクセントカラーの店内には質の良いベトナムの家具が並ぶ。

 
▲PAGE TOP