トロント・アイランドで夏の優雅なひととき

Smoked Pork Chop
with Apple Chutney

(2010年08月06日記事)


Smoked Pork Chop with Apple Chutney ($21.00)

青リンゴのチャツネでさっぱりといただくポークチョップ

カナダは一年中寒い国だとよく誤解を受けるが、トロントの夏は意外と暑い。そんなトロントで、手軽な避暑地として市民に人気のスポットが、フェリーを利用して10分で行けるトロント・アイランドだ。そこで長年愛され続けている「The Rectory Cafe」は、美味しくて気の利いたサービスとの評判。今回はここでフルコースをゆっくりと楽しんでみる事にした。

都会の喧騒から離れ
静寂な自然の中で食事をとる喜び

湖の見えるパティオに座り、鳥のさえずりを聞きながらゆったりとした気持ちでメニューを選んでゆく。前菜に選んだのは「Pan Seared Sea Scallops」。大きなホタテと新鮮なルッコラがたっぷり盛りつけられたサラダ感覚の一品だ。表面だけを軽く炙ったホタテの中身はプリプリとして食べごたえ充分。レモンとライムを使ったドレッシングがさわやかで夏らしい。

オンタリオの食材を存分に
味わう贅沢なひととき

メインにはマネジャーのアダムさんお薦めの「Smoked Pork Chop with Apple Chutney」をお願いした。これは肉をはじめ、野菜からチャツネに使われているリンゴまですべてオンタリオ産というまさに「オンタリオ」の恵みを味わう一品。せっかくなのでワインリストから、きりりと冷えたオンタリオ産の白ワインを一緒にいただく事にした。程よくスモークされたポークは、余分な油分が落とされさっぱりとした塩味。アップルチャツネの爽やかな酸味が肉と相性がいい。チャツネはインド料理でおなじみのマンゴーなどの果物や香辛料を煮込んで作るジャムのようなソースだが、ここで使われているのは新鮮な青リンゴ。青リンゴは元々酸味が強く、甘みとのバランスがいいので生のままで使うのが一番なのだそうだ。ショウガやコリアンダーの風味も利いてとってもさっぱり。バターとガーリックで軽くソテーされた付け合わせも美味!
火を通しすぎないことで新鮮な採れたて野菜そのものを味わえるのがうれしい。

 

▲Pan Seared Sea Scallops ($14.00)
見事なホタテは、新鮮な食材を
使っているからこその味わいだ。

▲Sticky Toffee Pudding ($7.00)
ティーハウスとしても有名な「The Rectory Cafe」。散歩の途中にケーキとお茶で一息というのにもぴったりな場所。

コースを彩るデザートにも満足

たっぷりと食事を味わってもデザートは別腹。「Sticky Toffee
Pudding」を注文すると「グッドチョイス!これはうちの長年人気のデザートだよ。」とうれしそうなアダムさん。熱々のケーキにキャラメルソースがとろっとかかったデザートを運んできてくれた。シンプルだがひと口食べると止まらない!
素朴で懐かしい味が定番に輝く秘密なのかもしれない。
時間を忘れて食事をしながらゆったりとした幸せな気持ちで過ごすと、毎日のように時間に追われていた都会での生活が嘘のようだ。この夏はちょっとした休暇を作って、自分へのご褒美に「The
Rectory Cafe」をぜひ訪れてほしい。 〈文・写真/村上 ゆり〉

スタッフ

▲マネジャーのアダムさん

information

外観The Rectory Cafe

102 Lakeshore Ave.
Ward's Island
tel:416-203-2152
http://therectorycafe.com
(夏期営業時間)
日〜木 11:00 〜 21:00
金・土 11:00 〜 22:00

▲Ward's Islandフェリー到着所から徒歩5分

トロントマップ

店内 ▲落ち着いた雰囲気の店内はアートギャラリーにもなっていて、毎月新しい展示が行なわれている。

 
▲PAGE TOP