新移住者向け予算、削減決定

連邦政府のジェイソン・ケニー移民相は12月23日、オンタリオ州において新移住者向けにサービス(言語プログラム、職探しなど)を提供する団体に対する予算削減の実施を決定した。これは同州において新移住者の人口が減少しつつあるのに対し、他州では増加傾向にあることから、資金分配の公平さを図るための措置であるという。これによりGTA地域では少なくとも10か所以上のサービス団体に対する資金提供は停止され、35団体において予算削減が必至となる。保守党は政権を握って以来同サービスに対する補助金を拡大してきたが、ここに来て赤字を削減しようという狙いがあると見られている。この措置により11年度はカナダ全体で5300万ドル、オンタリオ州においては4500万ドルの予算削減となる見通し。

[ 2011/01/07 ]

 
▲PAGE TOP