メキシコ人高校生、カナダ追放

違法滞在のためトロント市警察に身柄を保護され、移民局に拘束されていた同市在住の高校生、ダニエル・ガルシア君(18)は1日、カナダからメキシコへ強制送還された。ダニエル君は07年に姉ブレンダさんと共にメキシコから渡加。ブレンダさんが同性愛者であることから迫害されているとして難民移民の申請を行なっていたものの、移民局は2人の申請を却下。ブレンダさんは12月26日にメキシコへ送還された。ダニエル君の弁護士は最後の望みを託して申請書類を再提出したが、連邦裁判所において却下された。ブレンダさんにはパートナーがいたが、同性愛者であることを理由にすでに射殺されており、姉弟は自国に帰国したら殺されると語っていたという。

[ 2011/01/07 ]

 
▲PAGE TOP