雪崩事故で男性死亡

12月28日、ブリティッシュ・コロンビア州コクイハラ・ハイウェイ付近で雪崩が発生、スノーモービルで走行中の男性が巻き込まれて死亡したことが確認された。死亡したのはマイケル・バックル氏(43)。当日は12名がコクイハラ湖付近を走行していたが、バックル氏だけが雪崩に巻き込まれたという。事故発生後、すぐに1人が救助の応援を呼びに向かい、他のメンバーは同氏の捜索に取り掛かった。装着していた位置探査機によってバックル氏が埋められた場所は容易に特定されたものの、救助に時間が掛かり、救急救命処置も失敗に終わった。専門家によると、現場は当時、雪崩が再度発生する可能性があるなど、危険な状態であったという。

[ 2011/01/07 ]

 
▲PAGE TOP