男性射殺警察官、映像公開

昨年8月30日、シアトル市内においてバンクーバー島出身の男性を警察官が射殺した事件について12月18日、同市警察は事件の詳細を示す映像を公開した。射殺されたのはジョン・ウィリアムス氏(50)。当時、同氏がナイフなどを所持しているのを地元警察官であったイアン・バーク氏(27)が発見、危険人物と判断し4回にわたり発砲して射殺した。ウィリアムス氏はシアトルに18年間居住、彫刻家として働いていた。公開された映像によると、ウィリアムス氏は、ナイフを下に置くようにという警察官からの再三の忠告を無視したことが伺えるが、地元の彫刻販売業者によると同氏は片耳が不自由であり、警察官の声が聞こえなかった可能性があるという。バーク氏はすでに辞職しており、今後、事件に関する尋問などが予定されている。

[ 2011/01/07 ]

 
▲PAGE TOP