スーパー「ターゲット」カナダ進出

ハドソンズ・ベイ・カンパニー(HBC)は13日、傘下の量販店「ゼラーズ」店舗を、全米で展開する量販店でカナダでもすでに認知度の高い「ターゲット」社に売却することを明らかにした。売却されるのはカナダ全国220か所の店舗。ターゲット社は18億ドル以上で購入すると見られており、2014年までに100〜150店舗の新規開店を目指しているという。HBCは古参の国内デパート企業としてカナダ人に親しまれていたが、2006年からは米国の持株会社所有となっていた。

[ 2011/01/21 ]

 
▲PAGE TOP