TTCで人身事故相次ぐ

1月28日深夜、地下鉄オシントン駅付近の路上を横断していた歩行者が西行きのTTCバスにはねられて死亡する事故が起きた。被害者は62歳の男性。21日にはダファリン&セント・クレア付近でTTCバスを下車し道路を横断しようとした55歳の男性が路上の凍結により足をすべらせて転倒、乗っていたバスにはねられて死亡したばかり。また30日午後には、クイーン&ダファリン付近で高齢の男性がTTCバスにひかれ重傷を負い病院に搬送されている。昨年末からTTCバス、ストリートカーによる人身事故が頻発しており、警察は道路横断の際には信号のある横断歩道を利用し、バス乗降の際は十分注意を払うよう呼びかけている。

[ 2011/02/04 ]

 
▲PAGE TOP