ケベック州議会、キルパン禁止

ケベック州議会は9日、イスラム教シーク派の祭事装身具であるキルパン(小型ナイフ)の所持を議事堂内で禁止する法案を可決した。同様の禁止法案は以前に連邦下院で提出されたが、文化的な装身具の携帯を否定することが人種・宗教差別に繋がるとの危惧から可決には至らなかった。しかし同州議会では84年に銃を所持した男性が会期中の議会に乗り込み、州職員3人を殺害する事件が起きており、今回、ケベコワ党議員によって議案が動議された後、議事堂内の安全性などをめぐり激しい議論が繰り広げられた。採決では125議員中113議員が出席、満場一致で可決された。

[ 2011/02/18 ]

 
▲PAGE TOP