永住者の受け入れ数、増大

13日、カナダ移民局の発表により、昨年カナダ国内に入国した新永住者は28万人を越え、過去50年間で最大数となったことが明らかになった。発表によると24〜26万人という予想をはるかに上回る結果となった。ジェイソン・ケニー移民相は「世界的な景気後退で各国が新移住者の受け入れに消極的になっている中、カナダは多数を受け入れている」と主張。さらに「今後カナダ経済の復興には高い技術を持つ経済移住者の労働力が欠かせない」として、新永住者に期待を寄せる旨を述べた。
また、学生ビザの発行数は9万6000件を超えており、05年からの5年間で約3倍に増加していることも報告された。学生ビザでカナダ国内の大学などに通う学生は全体で年間65億ドルの経済効果を生み出しているという。

[ 2011/02/18 ]

 
▲PAGE TOP