Youtube用にスピード違反で逮捕

米オレゴン州ポートランドで12日、無謀運転・スピード違反の疑いで逮捕された男性が、運転中にスピードメーターをビデオ撮影していたことが明らかになった。逮捕されたスタニスラブ・バカノブ容疑者は、所有のBMWで州間高速道を時速118マイル(同188キロ)のスピードで走行、警察官に止められた。その際、ビデオで警察官を撮影しており、「Youtubeにアップロードしようと思った」と述べたという。警察はそのビデオを証拠として押収。同容疑者が時速140マイル(時速約224キロ)で走行中にスピードメーターを撮影していたことも発覚した。バカノフ容疑者のスピード違反による逮捕は過去一年間だけでもこれで3回目だという。

[ 2011/02/18 ]

 
▲PAGE TOP