ニュージーランド地震、被害多数

2月22日にニュージーランドのクライストチャーチ市をマグニチュード6.3の大地震が襲った。その後、現在までに150人以上の死亡が確認されており、崩壊した建物の下敷きになっている犠牲者の遺体が発見される可能性が高いことから、死者数は今後も増加すると見られている。現地では復旧作業が進んでいるが、大聖堂など歴史的建造物は大部分が倒壊し、完全復旧は難しいと見られている。
25日までにカナダ人の死者は報告されていないが、重傷者が数名おり、現地の病院で治療を受けていることが確認されている。ハーパー首相はニュージーランドのキー首相と連絡を取り合い、要請があり次第カナダから救助隊などの援助を出す準備があると申し出ている。

[ 2011/03/04 ]

 
▲PAGE TOP