ソマリア海賊、米国人4人を殺害

2月22日、ヨットで世界一周旅行の航海中であったアメリカ人4人が、中東オマーンの南海上でソマリアの海賊に殺害された。被害者は、カリフォルニア出身ジーン&スコット・アダム夫妻と、シアトル出身ボブ・リグル、フィリス・マケイ夫妻。4人は18日に海賊らに捕らえられ、同海域駐留の米軍艦によって救出作戦が練られていた。しかし5日目に海賊側は突然米軍艦に発砲。混乱のさなかに被害者らを射殺したと見られている。この件で米軍は海賊15人を逮捕している。同海域では08年ごろからソマリア海賊が横行しており、漁船や民間の商船が襲われる事件が絶えず、各国軍が巡回するなど緊張が高まっている。

[ 2011/03/04 ]

 
▲PAGE TOP