トロント市2011年度予算通過

トロント市議会は2月25日、11年度同市運営予算案を可決、通過させた。運営予算額は約94億ドルで、このうち40%近くを不動産税(36億ドル)でまかなう計算となっている。予算案には行政サービス削減は含まれておらず、不動産税の増税も行なわれない。同時に可決された水道事業予算は8億ドルを計上。各家庭の水道代は9%(年間56ドル)の値上げが予定されている。水道事業の歳入は、各所で老朽化が問題となっている水道管、下水管補修工事に充てられる。また廃棄物処理事業には3億ドルを計上し、リサイクルをさらに強化したいとしている。議会では20年までの10か年予算計画が発表され、人口増加、市民活動の増大に対応できる行政サービス向上などの内容が盛り込まれた。

[ 2011/03/04 ]

 
▲PAGE TOP