警察官、問題発言を謝罪

トロント市の警察官が大学内の集会に招かれた際に問題発言をしたことに対し、大学宛に公式謝罪文を送付していたことが2月17日、明らかとなった。これは1月24日、ヨーク大学において開かれた「大学構内の防犯に関する集会」席上で同市内で多発している性犯罪に触れた際、同警察官が性犯罪の被害者とならないために「女性はふしだらな格好を控えるべき」と述べたことが問題となったもの。ヨーク大学の学生新聞がこれを大きく取り上げ、同警察官に対して謝罪を要求。トロント市警察では性犯罪の被害女性を非難する発言を問題視して同警察官に対して謝罪を指示した。

[ 2011/03/04 ]

 
▲PAGE TOP