アルコール規制、緩和に

2月23日、オンタリオ州政府は同州内のアルコール取締りに関する条例を緩和する方針を打ち出し、条例改定に向けて各方面からの調査を実施する意向を明らかにした。改定案で特に注目されているのは、「テイスト・オブ・ダンフォース」や「カリバナ」などトロント市内で開催される各種祭典における「ビール・テント」の廃止で、会場内に限りアルコール飲料を所持し自由に往来できるようにしたいという。さらに、「All Inclusive(宿泊・飲食込み)」の観光パッケージの提供も視野に入れているという。こうした動きに対し、オンタリオ州の観光業界では歓迎の意を示している。

[ 2011/03/04 ]

 
▲PAGE TOP