ディスカバリー号ISS到着

米フロリダ州ケネディ宇宙センターで2月24日、スペースシャトル・ディスカバリーが打ち上げられ、同船は翌日国際宇宙ステーション(ISS)に無事到着した。当初の計画では昨年11月に予定されていた打ち上げだが、エンジン不備や天候不良で度重なる延期を強いられていた。11日間に及ぶミッションはISSへの機材運搬と設置などで、6人の宇宙飛行士が乗り組んでいる。84年に始まり39回目となる今回の飛行を最後に、ディスカバリーは引退。別のスペースシャトル(アトランティス、エンデバー)も今年中の引退が決まっており、米国宇宙開発を牽引した有人宇宙船計画は幕を閉じることとなる。今後ISSとの人員や物質の移動は、ロシアのソユーズなどが中心となって続ける予定。

[ 2011/03/04 ]

 
▲PAGE TOP