NY市観光バス事故で15人死亡

12日早朝5時半ごろ、米ニューヨーク市を走行中の観光バスが大型トレーラートラックと衝突して横転。道路標識の支柱がバスを切り裂き、15人の乗客が死亡する事故が起こった。同バスは「ワールドワイド・ツアー社」のチャーター便で、32人の乗客を乗せコネチカット州のカジノからニューヨーク市のチャイナタウンに向けて帰路についていた。運転士オファデル・ウィリアムスさん(40)は「トラックに衝突された」と話していたが、数人の乗客らは「バスは事故前からふらついていた」と証言。その後ウィリアムスさんが過去に過失致死傷罪、無免許運転などで逮捕され、有罪判決を受けていたことも明らかになった。警察では、犯罪経歴があるにも関わらずなぜ同氏が商業バスを運転できたのかなどの点も含め、事故原因の捜査を進めている。

[ 2011/03/18 ]

 
▲PAGE TOP