オンタリオ教師ら、州政権を支持

オンタリオ州高校教師労働組合は12日に開催された集会で、今年秋に予定されている州議会議員選挙でマギンティ州首相率いる自由党を支持することを改めて確認した。集会では、90年代後半に進歩保守党政府のマイク・ハリス元州首相が行なった大幅な教育予算削減が引き合いに出され「政権が崩壊すれば教育予算は真っ先に攻撃対象となる」と危機感が強調され、組合員に自由党議員への支持が呼びかけられた。ハリス元州首相の政権下では、小学校から高校教育に対する予算が4億ドル削減され、多くの教職員が解雇された。当時教師らは長期間にわたるストライキを実行、生徒らもデモに参加するなど教育界は混乱状態に陥った。

[ 2011/03/18 ]

 
▲PAGE TOP