407号線、延長へ

オンタリオ州政府は有料高速道路407号線の延長計画があることを10日までに明らかにした。計画では2015年までにオシャワまで約22キロ、その後20年までにクラリントンまでさらに23キロ程度を延長し、合計で45キロの延長を目指すという。現行の407号線はハミルトン市からトロント市北部を横断しピカリングまでを結んでおり、「ETR407社」が運営・管理を行なっている。延長部分については州による運営・管理が予定されており、収入を直接州の増収につなげるという。道路延長にかかる費用は明らかではないが、少なくとも1万3000件の雇用機会が創出されると見られている。一方で、10月に州議会選挙を控えた現時点での計画発表について、各党からは「選挙対策のための政治的な駆け引き」といった批判も出ている。

[ 2011/03/18 ]

 
▲PAGE TOP