NFLロックアウトを実施

ナショナル・フットボールリーグ(NFL)は12日、選手との労使交渉が決裂したためロックアウトを実施すると発表、直ちに各施設などを封鎖した。今回のロックアウト施行は、労使交渉が難航し、12日までに選手組合が解散する事態に追い込まれたのを受け、オーナー側が強気の態度に出たものと見られている。一方、選手らは個人として連邦裁判所に労使契約に関する訴えを起こすことが可能となり、すでに数人の選手が民事裁判の訴状を提出している。ロックアウト期間中、選手は無給となり、健康保険などの福利厚生も利用できなくなる。NFLは年間90億ドルの売り上げを有する巨大ビジネスであるため、長引く交渉決裂は米経済に悪影響を与えると考えられている。

[ 2011/03/18 ]

 
▲PAGE TOP