CN鉄道脱線事故で住民避難

3月27日、オンタリオ州東部のコバーグ市で列車が脱線事故を起こし、プロパンガスによる小規模な火災が発生した。
事故を起こしたのはCN鉄道の貨物列車で、およそ25車両が脱線。そのうち複数の車両には、ジェット燃料など引火爆発の可能性がある危険物が搭載されていた。このため路線は閉鎖となり、事故現場付近の住民には避難命令が出されたが列車から漏れたジェット燃料は数時間後にはすべて回収終了。翌日には大多数の住民に対し避難命令も解除された。またこの事故で線路わきのガスラインも破損したが、ガス供給会社の従業員により補修作業が行なわれた。

[ 2011/04/01 ]

 
▲PAGE TOP