カナダドル高、継続か?

8日の外為市場は1カナダドル=1.048米ドルと過去3年半での最高値を付けて取引を終了した。
外為市場は3月末からの1週間で3セント増と急激なカナダドル高となっており、年内に1カナダドル=1.09米ドルまで上昇すると予測されている。カナダドル高の背景となっているのは欧州中央銀行によるレート引き上げと、小麦粉など食品価格の値上げ。また3月の雇用機会数増加(約3万件増)をカナダ統計局が発表したことも影響していると見られている。
このため多くのカナダ人が「クロス・ボーダーショッピング(米国での買い物)」を楽しんだが、製造業などは輸出量の減少、従業員のレイオフを実施すると予想されている。

[ 2011/04/15 ]

 
▲PAGE TOP